“Near Luxury市場”の主役を狙う新型『レクサスIS』
- スーパーカーブランド【LEXUS】 -

“Near Luxury市場”の主役を狙う新型『レクサスIS』

「Near Luxury市場」。日本ではあまり馴染みがない言葉だが、米国では高級車市場の一角を占める重要なカテゴリーである。具体的には中型高級車が属しており、ユーザーの年齢も比較的若い。『レクサスIS』もここに位置する車だ。Near Luxury市場における車選びで重要視されるのは、性能面での評価はもちろんのこと、何者にも似ていない個性。マイナーチェンジして、北京モーターショー2016で世界初披露された『IS』も、まさにエクステリアの進化を意識している。

スポーティなイメージを一層際立たせて進化した『レクサスIS』

そもそも『IS』は、「エクステリアデザイン」が購入理由で最も多いことからも分かるとおり、デザイン評価が高い車だ。新型では、元来持つ力強くスポーティなイメージを一層際立たせて進化させた。

フロント周りは、スポーティでアグレッシブな造形を追求。フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーが特徴的だ。ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とし、鋭さを強調したデザインとなっている。

レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」も、低重心でスポーティな印象を与える造形へと進化した。上下の比率を変化させ、グリル下部をより大きく広げることで、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も加わっている。

リヤスタイルは、リヤコンビネーションランプが印象的。内部に大胆な造形のL字を3つ層状に重ねた奥行きのあるデザインを採用したり、エギゾーストパイプの形状を変更したりすることにより、スタンスの良さを強調した。

レクサスセダンとしての質感を高めた内装

エクステリアだけでなく、インテリアにも変更が加えられた。機能性の向上や『IS』が本来持つスポーティさを進化させ、レクサスセダンとしての質感の高さを向上させている。

具体的には、マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大。ナビゲーションやオーディオの情報をより大きくより鮮明に表示するとともに、操作性も高めた。また、スタートスイッチを押しやすい角度に調整したほか、フードステッチの通し方を変更することで、スポーティさを演出している。

ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルは、質感の高いヘアライン調に変更。大型化したニーパッドで両端から挟み込む構成とすることにより、車格感の向上を目指した。

『IS』の使命は新しいレクサスユーザーの獲得

安全性能では、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用。これは、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「ステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)」、夜間の前方視界確保を支援するためロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)」、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール」をパッケージ化したもので、多面的な安全運転支援を強化している。

米国、欧州、日本などの地域では、『IS』購入者の半数以上が新規レクサスユーザーである。マイナーチェンジを果たした『IS』も、新しいレクサスユーザーを獲得する重要な役割を担うことは間違いない。日本での発売は2016年秋頃を予定している。今から楽しみな1台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi