あのヨウジヤマモトが仮面ライダーとコラボ!?
- 40男のメモリーズ -

あのヨウジヤマモトが仮面ライダーとコラボ!?

<ユニセックスで服を着る>をテーマに、この店舗でしか手に入らない限定商品なども含め、ヨウジヤマモト社の各ブランドから厳選したアイテムを取り扱うコンセプトショップ「Ground Y」。2014年のオープン当初から、ウルトラマンシリーズやエヴァンゲリオンとコラボするなど、日本のアニメ・特撮のアイコン群を果敢に再定義してきたことでも知られている。そのGround Yが、今年テレビ放映開始から45周年となる「仮面ライダー」とのコラボを実現した。

カットソー、サマーニット、小物などがラインナップ

なにしろ「YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト)」であり「Y’s(ワイズ)」である。特にいわゆるバブル前後に青春期を送った者なら、そのアイテムには、ほぼ条件反射的に“素晴らしいもの”という刷り込みに近い感覚があるだろう。Ground Yは、そのヨウジヤマモト社が運営するコンセプトショップ。ただし、渋谷パルコ内という立地に体現されるように、基本的には文化発信源たる東京の渋谷に集まる若者たち向けに、入念にチューニングされた店舗でもある。読者世代のなかには、なんだか微妙に足を運びにくいなあ、といった向きもあるかもしれない。しかし、今回はあの「仮面ライダー」とのコラボだ。胸をはって入店できる、のではないか?
画像を参照いただきたい。モデルは、仮面ライダー45周年記念プロジェクトのひとつとしてAmazonプライム配信中の『仮面ライダーアマゾンズ』に出演する谷口賢志氏・武田玲奈氏。Ground Yのイメージコントロールを担うキーパーソンのひとり、レスリー・キー氏が撮り下ろした彼らが身にまとう軽やかな空気感たるや。モデルは、仮面ライダー45周年記念プロジェクトのひとつとしてAmazonプライム配信中の『仮面ライダーアマゾンズ』に出演する谷口賢志氏・武田玲奈氏。ショップオープン当初よりGround Yを撮影してきたレスリー・キー氏が撮り下ろした彼らが身にまとう空気感たるや。なんという軽やかさだろう。

仮面ライダーの原点たるイラスト群を鮮やかに再定義

買うな、などと妙な煽りを行っているわけでは全くない。原作版コミックなどから抽出された「仮面ライダー」のエッセンスたる石ノ森章太郎氏のイラストがデザインされた今回のアイテム群は、非常に高い完成度。コスプレもどきの凡百のライダー系ファッションアイテムとは完全に位相が異なる。しかし。たとえば「息子や娘へのプレゼント」としてカットソーを購入してもいい。ハンカチを商談先との打ち合わせ時にコミュニケーションツールとして使ってみせ、場を和ませるのもいい。袖など通さず、サマーニットをあくまでコレクターズアイテムとして鑑賞するのも当然かまわない。
今回のコラボは、あくまでも過去の偉大なコンテンツを現代の価値観から<再定義>してみせてくれたものだ。まっさらな状態で仮面ライダーの原点たるイラストと、それを用いたヨウジヤマモト社のデザインに触れ、それを<新しいもの>として感嘆し、、着てみたいと素直に思える若者にのみ委ねるべきかもしれない。

「息子や娘へのプレゼント」としてカットソーを購入してもいいし、商談先との打ち合わせ時にコミュニケーションツールとしてハンカチを使いつつ、場を和ませるのもいい。だが、風の力で変身していた最初期の仮面ライダーの世界観にならうなら、大人とは若者を鼓舞する風のようなもの。たとえ本気で自分用にサマーニットを購入したとしても、家族や親しい友人たち以外にその事実を知られてはならない。それは孤独な改造人間が常に背負う宿命なのだ

Text by Nin Onodera

All Photo by フォトグラファー/Leslie Kee、モデル/谷口賢志・武田玲奈、イラスト/石ノ森章太郎、(C)石森プロ・東映