エストネーションで見つけた、涼しげなホワイトアイテム
- 男の嗜み見聞録 -

エストネーションで見つけた、涼しげなホワイトアイテム

夏らしいカラーといえばいくつか候補があるだろうが、なかでも挑戦してほしいのが、白いアイテムだ。実は合わせやすいカラーであるほか、ラグジュアリーな印象も与えられる。世界のハイブランドを取りそろえた「エストネーション」だけの別注アイテムのなかから、スタイリストの中島貴大(写真左)がセレクトする。

日本文化を取り入れた、気鋭ブランドの新作バッグ

神戸発の気鋭のバッグブランド「コーネリアン タウラス バイ ダイスケ イワナガ」のレザートート(7万200円)は、大ぶりなサイズ感が使いやすそうだ。

「神戸が発祥で、潜水具にも使われている金具を使用するなど、ローカル性をデザインモチーフに取り入れています。またアイテムのなかには“刀の柄”の意匠を取り入れたり、日本文化をアイデアソースにしているんですよ」とバイヤーの生野健吾さん(メイン写真右)も薦める。

ストーリーのあるアイテムに、興味を引かれる人も多いのでは?

ニュアンスを付けて楽しみたい、リゾートのお供

世界にファンを持つドメスティックハットブランド「キジマタカユキ」の別注ペーパーハット(1万6200円)。

「ちょっと崩してみたり、ニュアンスをつけて被ってほしいですね。普段使いはもちろんですが、たとえばリゾート地などににも似合うアイテムだと思います」(生野さん)

ざっくりとした紙の風合いが魅力だ。

全ては大人の色気のため…。特別仕立てのローファー

「とにかく色っぽいローファーを作りたかったんです。尖り過ぎず、実は合わせやすい。素足で履いてもいいですよ」と生野さんがオススメするイタリアの靴ブランド「エンツォ・ボナフェ」の一足(10万6920円)は、タイトに履きこなしたい美しいフォルム。

インソールには、ブランド名に加えてイタリア語で「エストネーションのために」と手書きで書かれている点も見逃せない。

大人のスニーカーを目指した、眉目秀麗なレザーシューズ

パラブーツの別注シューズ(7万5600円)のコンセプトは、ズバリ“大人のエアフォースワン”。生野さんによると、「日常使いでガンガン履くスニーカーのような革靴を作りたかったんです。パラテックスという柔らかい素材のソールで、歩きやすいですよ」とのこと。

ソールもウェルトもすべて白という潔い美しさに、目を奪われてしまう。
「白は今シーズンのキーカラーなんです。汚れなんて気にせず楽しめるラグジュアリーな大人に向けてこそ、ぜひ選んでほしいと考えています」(生野さん)

ここに紹介したアイテム以外にも、まぶしく光る白いウェアも多数展開している。年齢を問わず幅広く楽しめるアイテムだけに、ワードローブに追加しておくのは悪くない選択と言えそうだ。

Text & Item select by Takahiro Nakajima

Photographs by Seiji Sawada

Editorial by Masayuki Kisyu