女子が語る「年上だけど母性本能がかきたてられる男」
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

女子が語る「年上だけど母性本能がかきたてられる男」

モテるための大きな要素として忘れてはいけないのが「ギャップ」。特に、40代男性の演出する「年齢と内面のギャップ」は、20代男性よりもインパクトが大きく効果的だ。女性の心を翻弄する大人のギャップについて、実際に40代男性のギャップにやられてしまった経験があるという美女に語ってもらった。

■今回のアドバイザー
Iさん IT会社勤務 25歳

松下奈緒のような凛とした表情が美しいIさん。普段のクールな表情と、笑顔のチャーミングさは、思わずドキッとさせられるようなギャップだ。

少年のようなピュアさと、ライバルの多さに惹き付けらた

Iさん「私がハマってしまった40代男性の男性は、色んなギャップを持っている人でした。合コン風の仕事上の飲み会で初めて会ったのですが、まず感じた第一印象は、40代とは思えないような少年っぽさ。会話して行くうちにどんどん興味が湧いてきて、連絡先を教えてもらいました。 

後日、彼のバースデーパーティーに参加する機会があったんですけど、驚いた事に参加者は女性客の方が多く、その人の争奪戦が起きているような状態だったんです。運良く私が彼の隣の席に座った時には、『どういう関係なの!?』とライバルの女性達に非難されるような状態で…。正直、ここまでモテる人だとは思わなかったのでビックリしました。こんなにモテるスゴイ人でありながら、自身は恋愛にまったく興味が無いというギャップにも萌えましたね」

年上男性にも母性本能はかきたてられる

Iさん「でも、一番ぐっときたギャップは、仕事がデキるのに私生活ではちょっと抜けているところ。なんだか放っておけないような気持ちになって、『母性本能がくすぐられるってこういうことなんだ』と思いました。40代男性のイメージって、もっとしっかりしている印象だったんですけど…。“デキる男”という評判と、お世話をしたくなっちゃうようなソフトな雰囲気とのギャップが、多くの女性を惹き付けてしまう魅力だったんでしょうね」

「父親」のイメージを払拭する、インパクトの強いギャップが必要

Iさん「この人の場合は、普通の会社員ではなく芸術系のお仕事をしていた人だったこともあって、魅力的なギャップがすごく多かったのかもしれません。話題も最先端のトピックが盛りだくさんで話しててすごく楽しかったですし…。

でも、クリエイティブ系の人でなくても、いい意味での若々しさは絶対に必要だと思います。20代の女性にとって、40代以上の男性は、お父さんくらい年上な場合もある。一度男性に『父親』を感じてしまうと、恋愛に発展するのって難しいですよね。そんなとき、思ってもいないようなギャップを内面に見つけると、『父親』から『1人の男性』として意識するキッカケになるのかな、と思います」

最後にアドバイザーからひと言

「40代であることを逆手に取り、内面の若々しさでギャップを作る」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto