羊の皮を被ったライオン、プジョーの最強ホットハッチ
- スーパーカーブランド【プジョー】 -

羊の皮を被ったライオン、プジョーの最強ホットハッチ

「ホットハッチ」。クルマ好き以外では、あまり耳にすることがない言葉かもしれない。これは、ハッチバックでありながら、スポーティーな走りができる車の総称である。代表格では、フォルクスワーゲンの『ゴルフGTI』が挙げられる。その『ゴルフGTI』に勝るとも劣らない1台がプジョーの『308 GTi by PEUGEOT SPORT』だ。

プジョー史上、最もパワフルなホットハッチ

『308 GTi by PEUGEOT SPORT』は、プジョーの主力モデル『308』をモータースポーツ部門である「PEUGEOT SPORT(プジョー・スポール)」が徹底してチューニング。圧倒的なスペックとスポーティーな内外装を特長としている。

ラインナップは、270馬力の『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』と250馬力の『308 GTi 250 by PEUGEOT SPORT』からなる。搭載するパワートレインは、プジョー史上最もパワフルなクーペと謳われた『RCZ R』と同じだ。熱処理を施すことで強化をしたシリンダーブロックは、耐久性が向上。新型鍛造ピストンヘッドには、F1エンジンにも採用されているアルミ素材を採用した。また、ツインスクロールターボや耐高熱スチールエキゾーストマニホールドの採用により、常にユニットを高温状態に保つことで吸気効率を最大化。高効率・高出力を実現している。

これらのチューニングにより、『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』は最高出力:199kW(270PS)/6000rpm、最大トルク:330Nm/1900-5000rpmを達成。1.6Lエンジンなので、単純計算すると1Lあたり約170psを発揮するハイチューンとなる。また、車重の軽量化によりパワーウェイトレシオは4.4kg/ps(270)となり、0-100km/hの加速は6.5秒と、プジョーの量販車として史上最もスポーティーでパワフルなホットハッチとなった。

プジョー伝統の乗り心地である「猫足」を再現

組み合わされるトランスミッションは、操る喜びを感じられる6速マニュアル。足回りでは、荷重や路面状況の変化、アクセルワークに応じて左右輪に最適なトルク配分が行われる「トルセンLSD」を装備している。

専用サスペンションは、プジョー伝統の乗り心地である「猫足」を再現。圧倒的ポテンシャルを持つ心臓部から生み出されるパワーをしっかりと地面に伝えて、抜群の乗り心地とスポーティーな走行性能を両立させた。

この走行性能を受け止めるために、『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』では、大径のフロントブレーキディスク「PEUGEOT SPORTS 4ピストンブレーキキャリパー」を採用。制動性能もしっかりと高めている。

「羊の皮を被ったライオン」と形容したい1台

ボディカラーは、シンボルカラーともいうべき専用色ツートーン「クープ・フランシュ」(『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』のみ)を含む6色を準備。

エクステリアでは、チェッカーフラッグをモチーフにした専用のフロントグリル、サイドスカートを装着。『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』では19インチアロイホイールで足元を飾り、スパルタンな雰囲気を醸し出す。
インテリアでは、『308 GTi 270 by PEUGEOT SPORT』に専用のバケットシートを採用。また、ステアリングなどにあしらわれたレッドステッチ、アルミペダルやアルミ仕上げのシフトレバーの採用などが、スポーツマインドが掻き立ててくれる。
プジョーのエンブレムといえば、いわずとしれたライオンだ。ホットハッチは、「羊の皮を被った狼」と形容されることもあるが、『308 GTi by PEUGEOT SPORT』は、「羊の皮を被ったライオン」といったところだろうか。ハイチューンの心臓部から繰り出されるパワフルさと猫足が生み出す繊細さ。まさに、獲物を狩るライオンのような走りを最大限味わえる1台だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi