20代女性が「思わずOK」したナンパ方法とは…
- 【モテ技】美女が思わずOKしちゃうナンパテク -

20代女性が「思わずOK」したナンパ方法とは…

20代女性と40代男性を結びつける出会いの場はそう多くないもの。出会うキッカケが少ないことを嘆いているヒマがあるならば、自ら20代女性に対して声をかけていく勇気をもってみてはどうだろう? そこで新たに見直したいのが、「ナンパ」。40代男性の「ナンパ」について、20代女性の持つ印象を聞いた。

■今回のアドバイザー
Mさん IT系企業勤務 25歳

佐々木希を彷彿させる、パッチリと大きな目が印象的なMさん。街中で声をかけられるとうっとおしく思うのでは?との問いに「ナンパされることは多いです。40代男性に声をかけられる経験もありますが、嬉しいですよ」とあっけらかんと答える。 

紳士的な気遣いが出会いにつながる

Mさん「『ナンパ』と言ってしまうとハードルが高いように思いますけど、『出会い』という目で見てみると、意外とどこにでもありふれている事だと思うんです。道に迷っている女性を助けてあげる、新幹線で重そうな荷物を降ろしてあげる…。そういうスマートな立ち居振る舞いって、20代男性には意外と難しいもの。40代男性には、ミドルだからこその紳士的な出会いを大切にして欲しいですね。ちょっとした気遣いや優しさにときめく女性は多いはずです。実際に私が過去に恋愛していた50代男性はそういった紳士的な行動を無理なくできる人で、そんな所がステキだと思っていました」

傍若無人な態度には要注意

Mさん「反対に、不親切で傍若無人に振る舞っている40代男性も世の中にはすごく多いですよね。心ない振る舞いをする人がいると、40代50代の男性全体がそうであるかのようにイメージが悪くなってしまう部分もあって、すごく残念だと思います。女性に対しての日頃から小さな気配りが、モテるオジサマになるためには不可欠だと思います」

笑いで女子の警戒心を取り除いて

Mさん「実際にされたことのあるナンパで『いいな』と思うのは、女の子を笑わせることから入るものです。ちょっと難易度は高めですけど、笑いが最初にあると警戒心も解けて、その後お酒に誘われても付いていく可能性は高くなりますね。

なにも『ギャグをやれ』と言っているわけではないんです。例えば、前にアイスクリームが食べたくてお店の前をウロウロしていたら、それを見ていた40代の男性に『そんなに食べたいなら僕が買ってあげるよ』ってご馳走になってしまったことがあって(笑)。恥ずかしいけど楽しくて笑ってしまって、思わずその後飲み直しに出かけてしまいました」

女子の心を欺くような小細工は逆効果

Mさん「笑わせるのが難しければ、女の子を気分よくしてあげるのもいいと思います。『お奇麗ですね。思わず声をかけてしまいました』なんて言われながらごはんに誘われると、まんざらでもないような気になります。素直にほめられると嬉しくなっちゃいますよね。

やめてほしいのは、道に迷ったフリをしてナンパするやり方。王道かもしれないですけど、道を聞かれて一生懸命に応えてあげたのに『ところで、ヒマしてるなら飲みにいきません?』なんて言われると、『せっかく誠心誠意応えたのに、嘘ついてたの?』って思ってしまって、とっても腹が立ちます。人をだますようなやり方する人には絶対に付いていきたくありません」

最後にアドバイザーからひと言

「大人の男性らしく自然で素直な出会いを演出してほしい」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto