1日20粒で効果大! 「間食ナッツ」でアンチエイジング
- 40男注目!アンチエイジングできる○○ -

1日20粒で効果大! 「間食ナッツ」でアンチエイジング

ウイスキーとの相性もよい定番のおつまみとして40男にも馴染みの深い、アーモンドやクルミ、カシューナッツといったナッツ類。高カロリーなイメージが強いが、実はカルシウムやビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれており、アンチエイジング効果の期待できる食材として近年注目が集まっているという。ナッツの効果や1日の摂取量、食べるタイミングなどについて美容家の鈴木絢子さんに話を聞いた。

■今回のアドバイザー
美容家
鈴木絢子さん

大手美容外科の広報、化粧品会社を経て、広告代理店でライター&薬事法専門の部署を設立。美容・健康食品関連のコンサルは500社以上。その後26歳で独立し、フリーで活動開始。2010年美容コンサル会社 (株)エリートレーベル設立。2013年「さつまいも親善協会」設立。2015年より、PRマーケティング「beaus」を始動。インナービューティーとスーパーフードに精通しており、サプリメントアドバイザーとしても活躍している。

「若返りビタミン」が豊富でアンチエイジングに適しているナッツ類

鈴木さん「近年、ナッツは栄養豊富な健康食品として、アンチエイジングに熱心なミドル世代の間で注目されています。

ナッツの種類には、マカダミアナッツなどの外側の殻が厚く硬い“堅果”と、アーモンドやクルミなどの果実の種子を食べる“核果”、ピスタチオやゴマなど種をそのまま食用にした“種子”の3つがあります。これらのナッツには、ビタミン(ビタミンB2・ビタミンE)やミネラル(カルシウム・マグネシウム・鉄分・リン・カリウムなど)、血液をサラサラにするオレイン酸が多く含まれています。とくにビタミンEには、肌の酸化を抑えて老化を防ぐ作用があるので『若返りのビタミン』と呼ばれるほどアンチエイジングに効果的なのです」

アーモンドなら1日20粒で1日分の食物繊維。アンチエイジングに◎

鈴木さん「摂取量はアーモンドなら100kcalに相当する20粒(20g)を目安にしてください。30粒以上はカロリーの摂り過ぎとなり、逆に太ってしまう可能性があります。食べるタイミングは、午後の小腹が空いた時間に食べるのが手軽でおすすめ。アーモンドの食物繊維はごぼうの2倍あり、20粒も食べれば1日分の食物繊維を摂取できるので満腹感が得られます。慣れないうちは5~10粒の摂取からはじめると良いでしょう。また、栄養が多く含まれているのは皮の部分なので、皮はむかずに食べてください。

ナッツを単体で食べるだけでも栄養バランスが整いますが、より効果を得たい場合には、食後に摂ることで栄養の吸収力を上げることができます。サラダやスープに加えれば、より効果的にオレイン酸を摂取できます」

脂質を多く含むのでナッツ類の摂りすぎには注意が必要

鈴木さん「加工されたミックスナッツには塩分が多く含まれているので、健康に配慮して食べるなら無塩のものを選んでください。塩分過多は、高血圧などにもつながるので控えましょう。また、ナッツ全般にいえることですが、栄養価が高い反面、脂質を多く含むのも事実です。栄養過多は肥満につながったり肌荒れやニキビの原因になったりするので注意が必要です」

最後にアドバイザーからひと言

「忙しい現代人にとって、手軽に栄養補給ができるナッツはとても便利。ぜひ上手に生活に取り入れて、“天然サプリメント”とも呼ばれているナッツの効果を実感してみてください」

Text by Miki Ohnuki(Seidansha)