ar0010003264l_640_396
- 恥をかかない大人の文章術 -

読み手を徹底的に想像することが、いい文章の秘訣~難しい日本語は『翻訳』する~

インターネットがビジネスシーンで当たり前に使われるようになり、かつてないほどにビジネスパーソンに問われるようになっているのが、実は文章を書く力だ。メール、レポート、企画書…。社内で、あるいは取引先とのやりとりで、みっともない思いをしないためにも、文章とどう付き合うか。恥をかかない大人の文章術を紹介する。

■今回のアドバイザー
ブックライター
上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経て95年よりブックライターに。著書に『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)ほか多数。

文章を読みやすくするための『、』『。』

上阪「頭を悩ませるといえば、『、』をどこに置けばいいのか、どのくらい置けばいいのか、もあります。私も聞かれたことがありますが、これには正解などないと思っています。実際、著名な作家や書き手の中にも『、』をほとんど使わない文体の人もいます。逆にびっくりするほど『、』『。』を多用する人もいます。

私の答えはシンプルです。それは、自分が読み手だったら、どこに、どのくらい『、』『。』があったら読みやすいか、ということです。自分が、あるいは読み手が、読みやすいと思える場所や量でいい。私は『、』をかなり多用するほうで、意識して使っている部分もあります。

主語のあとには、ほとんど『、』を起きます。これが主語だ、ということをはっきり理解できるようにするためにも、一度切ったほうがいいと思っているからです。同様に悩む人の多い『て』『に』『を』『は』についても同様ですが、これらのヒントは『お手本』を読み続けることにあると思っています。良質な文章を読み続ければ、身体に染みこみ、感覚的に覚えていくことができるのです」

『 』< >などで強調する

上阪「文章が読みやすくなる工夫として、私が積極的に取り入れているものがあります。それは、会話文でないところで『 』を使うこと。これは、意図して文章にメリハリをつけ、強調する意図があります。 “ ”でも『 』でも【 】でも< >でもいいのですが、この言葉を強調させたい、印象を強くしたい、というときに読み手に伝えたいことを浮き立たせることができると考えています。

同じように、下線や太字、色づけ、網掛けをすることなども有効です。文章は伝えたいことを伝えるためのツールです。より伝えやすくできる方法があるなら、どんどん使ったらいい。企画書でも、提案書でも、依頼文でも、です。

ただし、やり過ぎは逆効果です。強調のつもりが、強調にならなくなってしまうから。あくまで読者にとって読みやすいか、理解が深まりやすいか、という観点で使うことが大切です。どうすれば読者が読みやすくなるか、理解が深まるかを常に意識していれば、いろんなアイディアが浮かんでくるのです」

英作文を書きやすくする方法

上阪「最近では、グローバルに事業を展開し、業務で英語を使う企業も増えています。英文を作るのは大変だ、という声も聞こえてきますが、逆になんなくこなしてしまう人もいます。

コツは、『翻訳』にあります。難しい日本語を英語に翻訳しようとするから、英文も難しくなる。そうではなく、英訳するよう求められている日本語文を、平易な日本語にまずは『翻訳』してしまうのです。長い文章は短くし、難しい単語は分解してやさしい日本語にする。その平易な日本語を英語に再翻訳してしまえばいいのです。格調高い英語が求められているなら別ですが、そうでなければ、これで十分。なぜなら、相手に伝えることが目的だから。

そして実はこの手法は、日本語でも使えます。もし難解な文章を書いてしまったな、と思ったら、それをやさしい日本語に『翻訳』してしまえばいいのです。難しい文章に出会ったら、どうすればその文章を平易な文章にできるか、頭を働かせてみる。それは、人に理解してもらいたい文章を書くための、とても効果的なトレーニングになると思います。

そもそも文章は読み手のために存在しています。だから、もし文章に困ることがあれば、何よりやってみるべきは、まずは読み手のことを想像してみることです。その人に、何をどのように伝えたいのか。それが具体的にイメージできれば、文章はするすると浮かんでくるはず。大事なことは『文章を書かねば』と肩に力を入れないことです。文章は、あくまで情報伝達のツール。相手に伝えるための『道具』なのですから」

<今講座のポイント>

1.相手が内容を理解しやすい文章こそ、いい文章
2.読みやすくなる工夫を積極的に
3.難しい日本語は、『翻訳』して平易にする