wb0010011858l_640_396
- 恥をかかない大人の文章術 -

文章上達法は「読む」トレーニングから始まる~読むことでお手本が染みこんでいく~

インターネットがビジネスシーンで当たり前に使われるようになり、かつてないほどにビジネスパーソンに問われるようになっているのが、実は文章を書く力だ。メール、レポート、企画書…。社内で、あるいは取引先とのやりとりで、みっともない思いをしないためにも、文章とどう付き合うか。恥をかかない大人の文章術を紹介する。

■今回のアドバイザー
ブックライター
上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経て95年よりブックライターに。著書に『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)ほか多数。

てにをは、『、』『。』は染みこませる

上阪「では、『うまい文章』をどうやって身につけるのか。それこそが『読む』ことなのです。実は私自身、文章技術を学んだことや、文章作法の本を読んだことは一度もありませんでした。しかし、私にとっては良質の週刊誌を読み続けたことが、最良の勉強になったのではないかと思っています。

そこに使われている語彙や表現、言い回しや『、』『。』の位置、行替えのバランス、漢字とひらがらの量。さらには、特集記事を読めば文章構成の勉強にもなります。コラム的な短い文章からは、印象に残る書き出しや短い文章で表現する言葉の使い方のヒントがあります。

しかも、週刊誌は毎週発刊されますから、定期的・習慣的に勉強するのにちょうどいいのです。こうして読み続けることで、『うまい文章』が身体の中に染みこんでいったのだと思っています。これこそが、『うまい文章』を知り、書くための『読む』トレーニングになったのでした。読んでいるうちに、自分の中に100点が染みこんでいったのです」

有料で買うから意識して読む

上阪「今やネット全盛時代、例えば電車の中で週刊誌を読んでいる人は少なくなりました。ほとんどの人が眺めているのは、ケータイ。しかし、メディアの仕事をしている私から見れば、ネットの文章はまさに玉石混淆です。クオリティの高い文章もありますが、そうではないものも多い。もし、後者にばかり目を触れさせていたら、『うまい文章』の感覚は鈍ってしまうかもしれない。

しかし、それなりの伝統があり、部数を誇っている雑誌などは、社会的な影響力も小さくはありませんし、ブランドを汚すような文章を出すわけにもいきません。コラム執筆陣なども錚々たる面々です。そして何より雑誌は有料です。有料で買うからこそ積極的に、意識的に読もうとするのです。情報サーフィンより、腰を据えて記事を読み込む練習ができる。暇つぶしにケータイをいじっているのなら、その時間にこそクオリティの高い雑誌や書籍を読み込むべきです。いつもカバンに入れておいて、電車での移動中に読む。それを毎日、少しずつ続ける。それだけで『うまい文章』は次第に身体に染みこんでいく。文章力を確実に向上させてくれるのです」

お手本と自分の文章を読み比べる

上阪「『うまい文章』が身体に染みこんだらどうなるのか。端的に言えば、良質の文章と、自分の文章との間にギャップを見つけられます。つまり、自分の文章を『添削』する力が身につくのです。実際、私自身が文章を書けるようになった理由は2つだったと思っています。

良質な文章を読み続けたこと。身体に染みついた文体やリズム、構成の基礎をベースに、自分の文章を修正していくことができるようになったことです。出版社の編集者をはじめ、文章に接している人の文章力は高いと言われます。それは、常日頃からクオリティの高い文章に接しているからです。そうすると、『おや?』と思う文章に出会ったときに、そのおかしさに身体が反応するのです。文章に関わる仕事をしているからといって、文章の書き方の本に出てくるような文章技術を、みんながすべて理解しているとはとても思えません(みんなが国語専攻だったり、文法の達人だったりするわけではないのです)。技術を知っているわけではない。それよりも、『うまい文章』が染みついているから反応し、修正できる。これが文章力を生んでいるのだと思うのです」

<今講座のポイント>

1.良質の総合週刊誌を文章のお手本にする
2.定期的に読み込むことで、文章を身体に染みこませる
3.染みこんだ『お手本』で自分の文章を添削していく