ar0010001546l_640_396
- 恥をかかない大人の文章術 -

文章上達法は「読む」トレーニングから始まる~お手本がないのに、何を目指すのか~

インターネットがビジネスシーンで当たり前に使われるようになり、かつてないほどにビジネスパーソンに問われるようになっているのが、実は文章を書く力だ。メール、レポート、企画書…。社内で、あるいは取引先とのやりとりで、みっともない思いをしないためにも、文章とどう付き合うか。恥をかかない大人の文章術を紹介する。

■今回のアドバイザー
ブックライター
上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経て95年よりブックライターに。著書に『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)ほか多数。

理想の文章は決まっていますか?

上阪「どうすればうまい文章が書けるようになりますか? 仕事柄、そんな質問をよく受けるのですが、私は逆にお尋ねしたいことがあります。それは『うまい文章』というのは、どういう文章なのか、ということです。『こういう文章こそ、うまい』というお手本がないのに、どうやって『うまい』に近づくことができるでしょうか。

私は、文章には100点満点はない、と考えます。数学はぴたりと数字が合えば100点が取れるし、歴史はしっかりと史実を記憶していれば100点を目指せます。しかし、文章は『こうすれば必ず100点になる』とはいえないと思うのです。

なぜなら、その文章を評価する読み手は、本当にさまざまだから。漢字の多さから、『である』『ですます』から、言葉の使い方まで、考えていることは、人によって本当に千差万別です。しかし、ひとつだけ文章に100点をつける方法があります。それは、自分の中で100点を定めてしまうこと。そうすることで、『自分にとってのうまい文章』がはっきりするのです」

人の文章を見て、感度を高める方法

上阪「自分にとっての『うまい文章』を見つけていく。そのひとつの方法に、自分なりに文章を評価してみる、があります。

例えば、メールをもらう。なんだか好感が持てた、というメールの文章がありませんか。また、会社で見るレポートや企画書、コメントでも、『うまくまとめるなぁ』『わかりやすい説明だなぁ』『ナイスだなぁ』と感心してしまうものが必ずあります。そういう文章を意識して見つけ、『どうしていいと思ったんだろう』と自分なりに分析してみるのです。最初ははっきりとはわからないかもしれません。しかし、次第に『お、これは』の理由がわかるようになっていきます。これを繰り返しているうちに、自分は『うまい文章』として、どういうところを注意深く気にしているか、自分の好きな傾向や嫌いな傾向が際立ってくるのです。

忙しくて時間がないなら、まとめてチェックしてもいい。意識して文章に接しているだけで、『うまい文章』に対する感度が上がっていくのです」

わかりやすい文章こそ、いい文章
~読みやすいリズムの存在を知る~

上阪「自分なりの『うまい文章』探しではもうひとつ、重視してほしいことがあります。それが、文章のリズムです。読んでいて、スラスラと止まることなく一気に読み進められる文章もあれば、中にはどうにも何度も目が止まってしまう文章もあります。情報を伝えるツールとして、どちらがよいかといえば、当然前者でしょう。

では、何が違うのか。難しい言葉が使われておらず、適度に平易な言葉で展開されている。ダラダラと長い文章が続いていくのではなく、短い文章でストン、ストンと流れていく。『、』『。』が適度に打たれていて、無理な呼吸をせずに読み進めることができる。行替えや字下げがうまく使われている…。要因はいつも挙げられますが、私が重視するのがリズムです。スイスイと読み進めていくことができる文章は、リズムがいいのです。それを知るためにも、読みやすい文章のリズムを肌で感じてみる。文章にリズムがあることを理解するのです」

大手出版社の総合週刊誌をお手本に

上阪「では、どんな文章を『うまい文章』と定義すればいいか。ここで注意しなければいけないのは、自分がうまいと思う文章と、ビジネスで有用である文章というのは必ずしも一致しない、ということです。

ビジネスでは、文章は情報をわかりやすく伝えるための、あくまでツール。となれば、どんなことが書かれているか、行ったり来たりしないといけないような文章ではなく、すぐに書かれていることが理解できる。そういう文章でしょう。

私が自分の中で、その一つの答えとして出したのが、大手出版社の総合週刊誌でした。『AERA』『週刊文春』『週刊現代』…。どうして新聞ではないのかというと、新聞の文章はお手本にするには難し過ぎるからです。みなさんは、新聞をスラスラと読んで、『わかりやすく』情報が頭に入ってきますか。しかし、雑誌は違います。しかも総合週刊誌は、大衆を相手にしつつ、クオリティも重視していますから、文章のわかりやすさとしては相当なレベルにあるのです」