文章を書く「心得」が変われば、印象が変わる~わかりやすい文章こそが、目指す文章である~
- 恥をかかない大人の文章術 -

文章を書く「心得」が変われば、印象が変わる~わかりやすい文章こそが、目指す文章である~

インターネットがビジネスシーンで当たり前に使われるようになり、かつてないほどにビジネスパーソンに問われるようになっているのが、実は文章を書く力だ。メール、レポート、企画書…。社内で、あるいは取引先とのやりとりで、みっともない思いをしないためにも、文章とどう付き合うか。恥をかかない大人の文章術を紹介する。

■今回のアドバイザー
ブックライター
上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経て95年よりブックライターに。著書に『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)ほか多数。

何が言いたいのか、わからない文章をなくす方法

上阪「そして、もうひとつの心得『文章で物事を伝えるのは実は難しい』を持っていれば、どうなるか。

文章を安易に書けなくなるのです。慎重に文章を書くようになります。どうすれば相手にうまく伝えられるか、考えるようになります。何を書けば伝えられるか、言葉を選ぶようになります。もっといえば、『この文章で何を伝えたいんだっけ?』という根本に立ち返ることができます。

時として文章は、手段と目的が入れ替わってしまいがちです。文章を書くことは、実は目的でもなんでもありません。物事を伝えるための単なる手段なのです。なのに、あたかも文章が目的のようになってしまうから、おかしなことになってしまう。

何が言いたいのかよくわからない文章がありますが、それはまさに典型例。真っ先に決めなければいけないのは、この文章で何を伝えたいか、だから。それが最初に決まっていれば、何が言いたいのかわからない文章になど、なるはずがないのです」

うまく書いてほしい、なんて誰が求めているのか

上阪「違う言い方をすれば、文章はその程度のもの、ともいえます。小説家など、特別な職業を別にすれば、文章に特別な技術などいらないと私は考えています。

一番大事なことは、相手に伝えたいことが、ちゃんと伝えられることだから。逆に、いくら文章を勉強して、文章技術を理解して、それを駆使してうまい文章を書いたとしても、伝えたい情報が伝えられなかったなら、それは本末転倒です。そこをはき違えてしまうから、文章に苦しむことにもなります。

少しでもうまく書かなきゃいけないと、文章を書くことが苦痛になったり、楽しくなくなったり、難しいものであるように思えてしまう。文章なんて、伝えるための手段でしかないのに、です。その意味でまず目指すべきは、わかりやすい文章であるということを、はっきりさせておくべきだと思います。人が読んで、書き手が伝えたいことが理解できる。これこそが、読み手に何より喜んでもらえるゴールなのです」

『心得』が伝わる文章力を鍛えてくれる

上阪「思えば、どうして私はフリーランスの職業文章家として10年以上もやってこられたのか。それは、まさに『心得』のおかげだったと思っています。決して文章がうまかったからではありません(私はかつて文章が嫌いで苦手でした)。文章技術があったからでもありません(勉強したことは一度もありません)。ただ、文章は読む人には大変だ、文章で伝えることは極めて難しい、と肝に銘じて、文章に向き合ってきたからだと思っています。

だから例えば、書いた文章は必ず読み直します。これで相手に伝わるか、何度も読み返します。心得があれば、文章に向かう行動が変わるのです。そして行動は、文章を変えます。変わった文章は印象を変えます。それは、結果を変える。もうお気づきかもしれません。実は心得を持って文章を作る取り組みは、人に伝わる文章を書く力を鍛えてくれるのです。

しかし、この『心得』を邪魔する意外な落とし穴もたくさんある。次回、具体的にご紹介していきましょう」

<今講座のポイント>

1.文章に対してシビアな心得を持つ
2.心得が気遣いを生み、文章力を鍛える
3.わかりやすい文章こそが、いい文章と認識する