「文章で損している人たち」がたくさんいる~人格や能力まで文章で判断されている~
- 恥をかかない大人の文章術 -

「文章で損している人たち」がたくさんいる~人格や能力まで文章で判断されている~

インターネットがビジネスシーンで当たり前に使われるようになり、かつてないほどにビジネスパーソンに問われるようになっているのが、実は文章を書く力だ。メール、レポート、企画書…。社内で、あるいは取引先とのやりとりで、みっともない思いをしないためにも、文章とどう付き合うか。恥をかかない大人の文章術を紹介する。

■今回のアドバイザー
ブックライター
上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒業後、リクルート・グループなどを経て95年よりブックライターに。著書に『文章は「書く前」に8割決まる』(サンマーク出版)、『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)ほか多数。

なにげなく送ったメールが、あなたの印象を作っている

上阪「例えば、今や仕事に欠かせなくなっているメール。一日に数十通は目を通すという人も決して少なくないと思います。その中に、どういうわけだか印象のいいメールがあったりしませんか。お客さまからであったり、上司からであったり、同期の女の子や、あるいはプライベートの友人からのメールであったり。

逆に、どこがどう、というわけではないけれど、あまり印象が良くないというメールもあると思います。日々、仕事は忙しいですから、そんな細かなことにはいちいち構っていられない、という人も多いかもしれません。しかし、あなたが送ったメールも、相手に何らかの印象を与えている、ということはしっかり意識されているでしょうか。好印象であればいいですが、もし逆だったら…。また、あなたのように忙しいから細かいことは気にしないという人ならいいですが、細かなところまで気にする人だったとしたら…」

文章はとても怖いもの、という認識がしっかりあるか

上阪「たかがメール、というのは、実は書き手の勝手な思い込みです。印象を決めるのは相手。評価を決めるのは、相手なのです。書けば当たり前のことなのですが、文章の印象は読み手が決めているという、その極めて重要なことを忘れている人が、意外に少なくありません。文章というのは、書きっぱなしでは成立しません。読む人がいて初めて文章として成立するのです。

私は広告を制作するコピーライターからキャリアを始め、文章に携わる仕事をするようになって20年以上が経ちました。今ではライターを目指す方々のスクールで講師を務めたりもしています。どうして自分は文章が書けるようになったのか。文章で食べていけるようになったのか。スクールでも伝えたいことはいろいろありますが、いつも真っ先に伝えておかねばと思っているのが、文章の怖さです。文章は、時に書く人の人格を判断されたり、能力を判断されたりしてしまう。そういう事実があるからです」