40男の笑顔を台無しにする歯茎の黒ずみ改善術
- 40代のアク抜きダイエットテク -

40男の笑顔を台無しにする歯茎の黒ずみ改善術

ビジネスシーンでも、恋愛においても「爽やかな笑顔」は重要。歯のホワイトニングを定期的に行う男性も増えているが、40代男性の場合は歯そのものよりも、歯茎が黒ずんで見た目が悪くなってしまっていることが多いという。そこでおすすめしたいのが、ピンク色の健康的な歯茎を取り戻すことができる「歯肉ホワイトニング」や「歯肉レーザーピーリング」などの最先端の歯茎ケアだ。その効果とあわせ、誰でも自分ですぐに出来て効果を実感できる「歯茎マッサージ」について専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
表参道矯正歯科 院長
川崎健一さん

完全オーダーメイドの矯正歯科治療を行う表参道矯正歯科の院長。東北大学歯学部卒業。歯学博士(歯科矯正学)、日本矯正歯科学会認定医 舌側矯正医(Lingual Orthodontist)インビザライン専門医(インビザラインスーパードクター)クリアアライナー認定医、アソアライナー認定医。

タバコだけでなく差し歯も歯茎が黒ずむ原因に!?

川崎さん「歯茎が黒ずんだり、くすんだ色になったりする原因は色々ありますが、一番多いケースがメラニン色素の沈着です。これは遺伝的な性質もあるので、完全に防ぐことは難しいです。しかし、タバコによる影響や、差し歯の金属が溶けるなど、後天的な理由も大いに関係しています。そのため、生活習慣に気をつけることで、ある程度歯茎を健康なピンク色に維持することは可能ですが、最近ではホワイトニングなどの施術を利用する人も増えています」

歯茎をキレイにするホワイトニングとピーリング施術で黒ずみは改善する?

川崎さん「ホワイトニングとは、薬液(フェノール)によって、黒ずみの除去を行う方法です。色素沈着した部分をピーリングで剥がし取ります。ピーリングと聴くと痛みが強そうですが、このホワイトニングは比較的に痛みが少ないと言われています。一方、レーザーピーリングとは、レーザー照射によって黒ずみの除去を行う方法です。こちらはホワイトニングに比べ痛みはやや強いです。いずれも専門医がいる病院で施術してもらえます。

40代の男性にも、歯茎のホワイトニングは効果が充分期待できます。ただ差し歯の金属が溶けたことが原因の黒ずみは、差し歯をオールセラミッククラウンなどに作り直さないといけない場合があります」

歯茎の血行を促進する、自分でできる歯肉マッサージでも黒ずみ改善

川崎さん「歯肉マッサージは歯茎の血行を良くするので、歯茎の組織の活性化につながります。組織が活性化されると免疫力が向上します。免疫力が向上することによって歯周病の予防にもつながります。

また、血行が良くなると歯茎をきれいなピンク色にキープできます。歯肉マッサージで大切なのは、指の腹で優しく歯肉をマッサージすることです。専用のマッサージジェルも市販されているのでそれらの商品を使ってみるのもいいかもしれません。また歯茎を傷つけないために、強くやりすぎないことも大事です。お風呂に入りながらリラックスした状態でマッサージを行うのもおすすめです」

最後にアドバイザーからひと言

「タバコは歯茎の黒ずみや血行を悪くさせる原因です。歯茎について悩んでいるなら控えたほうが正解ですよ!」

Text by Miku Nakamura(Seidansha)