人気沸騰の19歳“次のミランダ・カー”テイラー・ヒル
- 魅惑のボディで注目のスーパーモデル -

人気沸騰の19歳“次のミランダ・カー”テイラー・ヒル

アメリカのファッション業界では毎年、多くのモデルがランウェイデビューを飾る。そうした次世代のスーパーモデルのなかでも、さまざまなブランドからオファーを受け、“NEXTミランダ・カー”の呼び声が高いのがテイラー・ヒルだ。19歳という若さ、エキゾチックな美貌も相まって、世界が注目する“ITモデル”である。しかし、彼女の魅力は、むしろその自然体な生き方にこそあるという。40男にも人気の次世代スーパーモデルを紹介する。

妖艶な眼差しに9頭身に近い完璧なスタイル

2015年、全米のファッション業界の話題をさらったのが、若干19歳の新人モデル、テイラー・ヒルだ。歴代最年少で「ヴィクシー・エンジェル」に選出されるなど、人気、実力ともに次世代スーパーモデルの筆頭として認知されている。

彼女のアビリティは、同年代のティーンから、ミドル世代の男性まで、幅広い人気を得ていることにある。整った目鼻立ちにエキゾチックなエッセンスを感じさせるルックス。スラリと伸びた手脚に9頭身クラスのスタイル。その眼差しは、年齢からは考えられないほどの妖艶さも感じさせ、まさにモデルとして必要な要素のすべてが集約されているといっても過言でない。しかし、彼女が支持されているのは、その美しさだけでなく、ピュアな感性と自然体な生き方にあるのだ。

テイラー・ヒルは、1996年3月5日生まれの19歳。 イリノイ州のパラタインで生まれ、コロラド州グランビーで育った。家系を遡ると、アメリカ、インド、アイルランド、スコットランド、トルコの血を引いているといい、彼女の蠱惑的で深みのある美貌のルーツともいえそうだ。

モデルを志したのは、テイラーが14歳のとき、両親と牧場を訪れて馬と戯れていたところを、たまたまその場にいたカメラマンにスカウトされたことがきっかけだった。LAモデルズ、フォード、Wilhelminaなど大手モデル事務所にプロフィール写真を送ったところ、すべて合格。各事務所による争奪戦の末、フォードに所属すると、すぐに「H&M」「Forever21」「DYNK」「Alexander Wang」などのメジャーブランドのショーでモデルを務めることとなった。
(C)Corbis/amanaimages
このシンデレラストーリーに、いちばん戸惑っているのは、実は彼女自身だ。すでにフォロワーが100万人を超えている自身のインスタグラムに少女時代のメガネ姿の写真をアップし、「自分の人生がこんな風になるなんて思いもしなかった。オタクみたいな外見の12歳の私は、やがて自分の名前を100万人以上の人が知るなんて想像もしてなかった」というメッセージを添えた。

生き方においても“次世代”のスーパーモデル

彼女の飾らぬ魅力は、その恋愛感にも現れている。テイラー・ヒルはマイケル・シャンクという10歳も年の離れた恋人の存在を公言している。マイケルは、ファッションモデルであり、写真家としても活動しているという才人。彼女のインスタグラムには、マイケルとのベッドでの2ショットや水中でのキスシーン、さらにはジャクジーバスで密着している姿など、仲睦まじい2人の写真が続々とアップされている。

19歳の美人モデルと年の離れたカメラマンの熱愛ショットとなれば、日本なら大スキャンダルとしてワイドショーが騒ぎ立てるかもしれないが、世界中に存在する彼女のフォロワーたちは、2人を暖かく見守り、その生きかたに共感を抱いている。
(C)Pacific Coast News/amanaimages
セレブになることで、自分を見失っていくモデルが多いなか、テイラー・ヒルのカジュアルなライフスタイルと、地に足のついたサクセス・ストーリーは、ミドル世代の男性にも心地よく映る。仕事も、恋愛も、背伸びをしないで自然にキャリアを重ねていく姿は、現代社会において理想的であり、憧れでもあるのだ。

テイラー・ヒルは、その完璧なスタイルだけでなく、自然体な生き方においても「新世代」のスーパーモデルといえるかもしれない。

Text by Kiyoshiro Somari

Photo by (C)Sipa USA/amanaimages(Main)