超名門大学を卒業、エマ・ワトソン“才色兼備”の魅力
- 男を魅了するセクシーな女たち -

ハーマイオニー役から才色兼備に成長した女優エマワトソン,大学を卒業

美貌と知性を併せ持つ“才色兼備”は世の女性たちの憧れだが、大人の男にとってもこうした女性は魅力的な存在だ。たとえば2015年、独身貴族を謳歌してきたジョージ・クルーニーに2度目の結婚を決意させたのは、人権派弁護士として華々しいキャリアを築き、“世界一の才色兼備”と称されるアマル・アラムディンだった。そんな才色兼備の女優として、いまもっとも注目されているのが、『ハリー・ポッター』シリーズでヒロインのハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンである。

世界に称賛された国連本部での名スピーチ

先生の質問に「ハイッ!」と真っ先に手を上げ、テストは満点、学年1位の成績を収め続けた超優等生のハーマイオニー。この『ハリー・ポッター』のヒロインを演じて一躍脚光を浴びたエマ・ワトソンも、いまや25歳の大人の女性となった。無邪気でかわいらしかった表情には、清楚な色気と気品を纏い、意志の強さも感じさせる。その圧倒的な美貌は、1990年から毎年発表されている「世界で最も美しい顔トップ100」の2011年版で1位に選出されたほどである。

女優としてキャリアを重ねると同時に、英国のラグジュアリーブランド「バーバリー」やフランスの化粧品ブランド「ランコム」のキャンペーンモデル、さらに『Vogue』や『ELLE』といったハイファッション誌の表紙モデルなど、いまやエマはファッションアイコンとしても引っ張りだことなっている。

しかし、彼女の魅力は、たんに美しいというだけではない。まるで役柄のハーマイオニーがそのまま成長したかのように、エマは学業でも才能を発揮し、2014年に超名門のブラウン大学を優秀な成績で卒業(下の写真)。2015年には国連女性機関の親善大使として国連本部でスピーチを行い、男女平等を普及する国連の新しいプログラムの立ち上げを宣言した。彼女の力強いメッセージは、スタンディングオベーションで讃えられ、世界中で大きな話題ともなった。2016年からはオックスフォード大学の客室研究員となって講義も行うなど、まさに才色兼備を地で行く女性なのだ。
(C)FAMEFLYNET PICTURES/amanaimages

莫大な資産を持ちながらプライベートは質素

エマは私生活でも、毎晩のようにパーティーに出かける他のセレブとはひと味違う。『ハリー・ポッター』シリーズ7本への出演をはじめ、これまで彼女が稼ぎだした出演料や商品のロイヤリティ収入は約30億円に上るとされる。それだけの巨額のギャランティーを得ながら、エマ自身によれば「靴は8足しか持っていない」といい、プライベートは驚くほどに質素だ。93万部の発行部数を誇るアメリカの男性ファッション誌『GQ』は、「エマには優雅さがある。また、元子役にはまれな思慮深さも兼ね備えており、イギリスを代表する主演女優になりつつある」と評している。
(C)ZUMA Press/amanaimages
恋愛においても、交際相手は資産家やイケメン俳優などではなく、2015年に結婚寸前と噂されたのは年下の大学生だった。現在交際しているのもIT企業に勤務する10歳年上の一般人男性だという。大学生と破局した際は、ショックのあまりカナダのロッキー山脈の施設に一週間も籠ってしまった。ハーマイオニーを演じたころと同様に、心もピュアなままなのである。

ハリウッドには、これまでもメリル・ストリープ、ジョディ・フォスター、シガニー・ウィーバー、ナタリー・ポートマン…など、美貌と知性を兼ね備えた素晴らしい女優がいたが、エマも間違いなくこの才色兼備の系譜に連なる。外見が美しいだけの女性では物足りない大人の男にとって、エマはまさに理想の女性といえるのではないだろうか。

Text by Text by Yoko Kinjou

Photo by (C)ZUMA Press/amanaimages(Main)