最新のポルシェこそ最良のポルシェ、新型911ターボ
- スーパーカーブランド【ポルシェ】 -

最新のポルシェが最良のポルシェ”911ターボ”進化した動力性能を紹介

「最良のポルシェは?」と問われたときに、どの1台を選ぶだろうか。これが、フェラーリやランボルギーニだったら激論が交わされるだろう。しかし、クルマ好き、ことポルシェファンにとっては人口に膾炙されたことだが、「最良のポルシェ」という言葉とセットになる台詞は決まっている。それは、「最新のポルシェ」だ。そういった意味で、2015年12月1日から予約が開始された『911ターボシリーズ』は、紛れもなく最良のポルシェであろう。

最高峰の存在感を示す側面からリアのスタイル

『911ターボシリーズ』には、『911ターボ』と『911ターボS 』の2グレードが存在する。それぞれにクーペとカブリオレがあり、『911シリーズ』のフラッグシップである。

最高峰たる存在感を示すのが、側面からリアにかけてのスタイルだ。『カレラ』の際立つデザインに加えて、左右に張りだしたリアフェンダーと大型のセンターエアインテークはターボモデルであることを強く主張する。フロントマスクは、精密に配置された細長いダブルフィレット付LEDフロントライトにより、ワイルドな風貌となった。

リアは『911カレラ シリーズ』でおなじみの4灯のブレーキライトとオーラ風の照明を備えた3Dリアライトを採用。エグゾーストシステム用アウトレット開口部とデュアルテールパイプも見直されている。

先代モデルよりもさらに進化した動力性能

クルマが持つ本質的な価値「走り」をストイックに追求し、常にスポーツカーのランドマークであり続ける『911』。だからこそ、新しいモデルでは、外観以上に動力性能に期待が集まる。その期待に応えるように、今回、3.8リッター6気筒ツインターボを搭載することで、『911ターボ』の最高出力は397kW(540PS)と先代モデルを15kW(20PS)上回った。0-100km/hの加速タイムは3.0秒、最高速度は先代を5km/h上回る320km/hだ。

『911ターボS』の最高出力は427kW(580PS)に達する。0-100km/hの加速タイムは2.9秒、最高速度は先代を12km/h上回る330km/hを達成した。
エンジンにおいて今回耳目をひいたのは「ダイナミックブースト機能」だろう。アクセルペダルを少し戻すなどしてエンジンへの負荷が変動しても、ターボの過給圧を維持する機能だ。これにより、アクセルペダルを踏んだときエンジンがより鋭いレスポンスを発揮。数値では表示できないドライビングプレジャーを満たす要因のひとつとなっている。

憧れの「オーバーテイクボタン」まで装備

ドライビングプレジャーを更に高めるのが、最先端テクノロジーの採用だ。モードセレクトスイッチの選択で、車両状態を「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ・プラス」「インディビジュアル」のいずれかにセットアップ可能。ドライバーが望む走行を実現してくれる。

なにより心躍るのは、モードセレクトスイッチ中央にある「スポーツレスポンススイッチ」。追い越し時などに押すことで、20秒間だけエンジンとトランスミッションのレスポンスが最高レベルに設定される。経過時間はメーターパネルのインジケーターに表示。まさに、憧れのオーバーテイクボタンだ。
ポルシェお馴染みの「PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム)」では、新しいモードである「PSMスポーツ」が追加された。「PSM」とは、車にオーバーステアまたはアンダーステアが発生して危険な状況に陥ったときに、挙動を安定させるシステム。「PSMスポーツ」は「PSM」が介入するしきい値をより下げており、自らの意思で車体を制御することが可能。サーキットなどでスポーツ走行を堪能することができる。

本当の意味でのクルマを操る歓びと楽しさを知りたいなら、一度は「最良のポルシェ」=「最新のポルシェ」のステアリングを握ってみることをオススメする。なぜ、ポルシェがスポーツカーのベンチマークになっているのかがわかることだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi