メルセデス・ベンツの本気を示す「Cクラス」のPHV
- 大人のための最新自動車事情 -

メルセデス・ベンツの本気を示す「Cクラス」のPHV

バブル期、『メルセデス・ベンツ 190E』を、「小ベンツ」と揶揄する口の悪い輩がいた。メルセデス・ベンツ初のDセグメントという車格からついたあだ名だ。しかし、それは日本人が今ほど輸入車に親しんでいなかった時代だったから。メルセデス・ベンツが持つ質実剛健さと安全性へのこだわりを備えた『190E』の本質を見極めきれずに、車体の大きさだけで価値を判断していたのだろう。現に、『190E』の後継にあたる『Cクラス』が「小ベンツ」と侮られることはない。むしろ、「アジリティ&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、素材選びから設計、製造工程に至るまであらゆる部分に最先端技術が投入された『Cクラス』は、メルセデス・ベンツの技術力と本気度を示す1台と認識されている。そのなかでも、最先端となるグレードが『C350e AVANTGARDE(アバンギャルド)』だ。

PHVの特徴を活かしたパフォーマンスを発揮

『C350e アバンギャルド』は、ガソリンエンジンと高出力電気モーターを状況に応じて使い分けるプラグインハイブリッド車で、セダンとワゴンの2モデルが存在する。

パワートレインには、『C250 Sports』に搭載される最高出力:211PS(155kW)、最大トルク:350Nmの2.0L直列4気筒エンジンと、最高出力:82PS(60kW)、最大トルク:340Nmを発生する高出力モーターを組み合わせた。システム全体ではで最高出力:279PS(205kW)、最大トルク:600Nmを発生。ガソリンエンジンと高出力モーターを状況に応じて使い分けることで、ガソリンエンジン、EV、ハイブリッドの特長を生かしたハイパフォーマンスを発揮する。

高速道路でも電気モーターだけで走行が可能

電気モーターの使用は、4つのモードから選ぶことができる。「HYBRID」は、 走行環境やバッテリーの残量に合わせてエンジンと電気モーターを併用。高出力電気モーターのブースト機能により途切れの無い加速感を味わえる。

「E-MODE」は、スタート時や市街地だけでなく、高速道路でも電気モーターだけで走行可能。最高速では130km/hに達する。ちなみに、『C350e アバンギャルド』の燃費は、JC08モードでセダンは17.2km/L、ステーションワゴンは16.5km/L。ただし、電気モーターの後続距離は最大約30kmなので、短距離の通勤や買い物がメインの街乗りならば、EVとして使用することも可能だ。この場合は、ガソリンは全く使わないことになる。リチウムイオンバッテリーのフル充電にかかる時間は、「CHARGE」モードで約40分、AC200V電源使用で約4時間。帰宅してコンセントにつないでおけば、次の日の朝には満充電が完了している。

残り2つのモードは、「E-SAVE」と「CHARGE」。「E-SAVE」は、 その時点でのバッテリーの充電レベルを維持し、「CHARGE」は、 回生ブレーキなどを利用して走行しながらバッテリーを充電してくれる。

燃費向上と運転のストレスを軽減する新機能

『Cクラス』といえば、全方位モニタリングによって乗員を守り快適なドライブをアシストする革新的なテクノロジー「インテリジェントドライブ」が売りのひとつになっている。『C350e アバンギャルド』では、ここに、「インテリジェントアクセルペダル」を追加した。

機能は2つ。「プレッシャポイント機能」は、 電気モーターだけで走っている状態からエンジンの力を借りて走る状態に移るときに、アクセルペダルの抵抗を増すことでドライバーに通知してくれる。「ダブルパルス機能」は、 レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させることで、足を放す適切なタイミングをドライバーに知らせてくれる。無駄なアクセルやブレーキを踏む回数を減らし、燃費の向上とともに運転のストレスを軽減してくれそうだ。

『S550 eロング』に続く、メルセデス・ベンツ2車種目となるプラグインハイブリッドモデル『C350e アバンギャルド』。『Cクラス』は、ガソリンハイブリッド、クリーンディーゼルハイブリッド、プラグインハイブリッドの3種類のハイブリッドも存在するので、カーライフに合わせて選択できるのも魅力だ。

Text by Tsukasa Sasabayashi