遊べるロータス、より軽い新型エリーゼ「スポーツ」
- 大人のための最新自動車事情 -

遊べるロータス、より軽い新型エリーゼ「スポーツ」

2015年12月、ロータス「エリーゼ」シリーズに新たな2つのモデル、「スポーツ」と「スポーツ220」が加わった。この2モデルは現行モデルのエリーゼ、エリーゼSの後継車にあたるが、かつて「エスプリ」に付けられた「スポーツ」の名が復活したことでも話題を集めている。グループ・ロータスのCEO、ジャンマルク・ゲールス氏も「両モデルとも十分にスポーツと名付けられる価値を持っている」と語る、軽快なドライビングに磨きをかけたモデルである。

“ロータスの哲学”を受け継いだ軽快な走り

ライトウエイトスポーツの象徴ともいえるロータス・エリーゼ。今回発表された新モデルは現行モデルよりさらなる軽量化を果たした。本国公表値によれば、「スポーツ」(メイン写真手前)は866kg、「スポーツ220」(メイン写真左奥)は914kgで、ともに現行モデルより10kgの軽量化を実現した。

スポーツは従来モデル同様の1.6L直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力136ps、最大トルク160Nmを発揮。スポーツ220は、1.8L直列4気筒スパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力220ps、最大トルク250Nm。0-100km/h間は4.6秒、最高速度は234km/hと、よりスポーティな走りを実現する。どちらも「より軽く、より速く」というロータスの哲学を受け継いだ、軽快なドライビングを約束してくれる。

クルマへの嗜みを具現化してくれるクルマ

スポーツとスポーツ220はともに、従来オプションとして用意されていた「スポーツ・モード」を標準搭載している。車軸安定装置「ダイナミック・パフォーマンス・マネージメント(DPM)」の設定値を路面の状況に合わせてコントロールし、アンダーステア検出時にホイールスリップを可能にすることで、スロットルレスポンスを減少。ステアリングから伝わるドライブフィールをより強く感じさせてくれるため、走りの楽しさをもたらしてくれる。

インテリアでは、オプションでロータスの人気車種「エスプリ S1」をイメージさせる軽量スポーツシートを設定。シートだけではなくドアトリムも彩る表皮は3種類で、レザー、柔らかななめし革に近い感触のアルカンターラ、視覚的に軽快さを演出してくれるクラシックタータンから選べる。また、エクステリアでは、さらなる5kgの軽量化をもたらす鍛造ホイールも用意されており、好みに合わせて着飾れるのも嬉しい。
クルマに求めるものは人それぞれだ。走りを追求する者もいれば、インテリアやエクステリアなど、目で見て伝わる部分に愛らしさを求める者もいる。どう“遊べるか”ともいえるが、エリーゼにもたらされた変化はまさに、クルマの“遊び”を両立させているといっていい。オーナーの嗜みを、具現化してくれる1台である。

Text by Syuhei Kaneko