後輪駆動となったランボルギーニ・ウラカン新モデル
- 大人のための最新自動車事情 -

後輪駆動となったランボルギーニ・ウラカン新モデル

ランボルギーニ史上最大のヒットモデル「ガヤルド」の後を継ぐ形でデビューした「ウラカン」に、新しいラインナップが加わった。「ウラカンLP 580-2」と名付けられたこのモデルは、580PSのエンジンを搭載する2WD。「すべての要素は、運転する楽しさを追求して設計された」という、従来の4WDモデル「LP610-4」とは異なる性格が与えられている。

いわく「史上最もピュアなランボルギーニ」

ランボルギーニ・ウラカンは、ガヤルドの後継モデルとして2014年に発表された。兄貴分となるアヴェンタドールに通ずるデザインを持つボディの下には、アルミと炭素繊維強化プラスティック(CFRP)によるハイブリッドシャシーと、自然吸気の5.2リッターV10エンジンが内包され、デビュー当時は「ウラカンLP610-4」(下の写真)という、610PSエンジンを搭載した4WDモデルがラインナップされていた。
そこに加わったのが、新たに580PSエンジンを搭載する2WDモデル、「ウラカンLP 580-2」だ。この「LP 580-2」は、ウラカンの廉価版という位置づけではなく、よりドライビングを楽しむためのニューモデル。アウトモビリ・ランボルギーニ社の代表兼CEO、ステファン・ヴィンケルマン氏は、「トップレベルの技術を駆使して改良して史上最もピュアなランボルギーニ車です」と語る。パフォーマンスとスタビリティを重視した「LP610-4」に対して、より純粋なドライビングプレジャーを追求したのが、「LP 580-2」というわけだ。

パワートレインから空力性能まで徹底した専用チューニング

「LP 580-2」のスペックを見ていこう。自然吸気5.2L V10エンジンは、最高出力580PS/8000rpm、最大トルク540Nm/6500rpmを発揮。これだけの高回転型エンジンにもかかわらず、わずか1000rpmで最大トルクの75%を発生するから驚きだ。また、このエンジンには気筒休止システムが搭載されており、負荷に応じて5気筒が休止することで、これだけのパフォーマンスを発揮しながら、11.9L/100km(=8.4km/L)の低燃費を実現した。組み合わせるトランスミッションは、「ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)」7 速デュアルクラッチ・ギアボックスだ。「LP 580-2」の車重は、乾燥重量で「LP610-4」より33kg軽い1389kgとなる。

はじめにスペックの話をしてしまったが、スタイリングも「LP610-4」とは異なるものが採用されている。これは空力を重視して設計されたもので、新設計の巨大なフロントエアインテークは、冷却風を導くだけでなく、フロントアクスルへの下向きの圧力を増加させ、リアスポイラーリップは車体リヤ周りの空気の流れを改善する。
また「LP 580-2」は、「ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィ アーレ(LPI)」を搭載する。これは、車体動作を測定するもので、その測定値はサスペンションやステアリング安定制御システムへ送られる。オプションで、「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)」を装着すれば、ステアリングギアレシオも変化し、より俊敏なハンドリングを楽しむことができるようになる。

“違いのわかる人”が乗るべきピュアスポーツ

内外装のカラーやトリムは、「LP610-4」と同じくさまざまなバリエーションから選択することが可能。さらに、カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を利用すれば、自分だけの1台を仕上げることができる。12.3インチのディスプレイを持つ、「ランボルギーニ・インフォテイメント・システムⅡ」は標準搭載だ。
ランボルギーニ自ら「運転する楽しさの本質を伝えるモデル」を標榜する「LP 580-2」は、そのパフォーマンスとピュアなハンドリングから、新たなドライビングエクスペリエンスを提供してくれるに違いない。数々のスーパーカーを乗り継いだ“違いのわかる人”にこそ乗ってほしいピュアスポーツモデルだ。

Text by Muneyoshi Kitani