パリジャン御用達のサイドゴアブーツで決めてみる。―J.M.WESTON Chelsea Boots
- Hot-DogPRESS powered by éditeur -

パリジャン御用達のサイドゴアブーツで決めてみる。―J.M.WESTON Chelsea Boots

90年代にヒットしたサイドゴアブーツやワークブーツがこの秋冬、リバイバル!

今までと同じ服を着ていても、足もとをスニーカーからブーツに変えるだけで、トレンド感がぐっと増す。40オヤジが買うべきは、長く愛せる老舗ブランドの定番モデル。最新ブーツ事情から選び方、着こなしまで、この冬のブーツ情報を網羅する!

J.M.WESTON Chelsea Boots

ビートルズがはいたサイドゴアブーツとして有名なジェイエムウエストンは英国風の名称ながらフランス発のブランド。1891年、リモージュ地方に工場が設立され、1922年にジェイエムウエストンとしてパリに1号店をオープンした。チェルシーブーツはシャンゼエリゼ通りに2号店ができた1932年には、すでにブランドを象徴する定番としてパリジャンに愛されていたとか。
サイドゴアブーツとしては珍しく、最上級の牛革、ボックスカーフの一枚革でつくられている。シンプルながらノーズの通った美しいフォルムは、高度な技術があって初めて実現される。履き口のシェイプやレザーソールも都会的で、トラッドからモードまで、オールマイティ。両サイドのプルストラップも特徴。

●サイズ展開:UK6~13(約24.5~32cm)
※ハーフサイズ刻みでワイズもサイズあり。

※商品情報は誌面掲載時点のものとなっております。

Text by Hot-Dog PRESS編集部