安全かつ効果的な筋トレに! ラバーバンドエクササイズ
- 40代のアク抜きダイエットテク -

安全かつ効果的な筋トレに! ラバーバンドエクササイズ

近年、各スポーツシーンで取り上げられているラバーバンド(ゴムバンド)。手軽にどこでもできる上、ダンベルやバーベルとは違った利点があり、体幹、腕、脚などの筋肉、小筋群を鍛えるのに効果的な点が魅力となっている。ダイエットにも有効だというこのエクササイズについて、ラバーバンドを推奨しているパーソナルトレーナーの坂本誠先生に聞いた。

■今回のアドバイザー
NSCA認定パーソナルトレーナー
坂本誠さん

小学校から高校までスポーツに明け暮れる。広島YMCA外語専門学校を卒業後、福岡大学大学院で運動療法を研究。アメリカスポーツ医学会で3度学会発表をし、地元福山に帰郷。保健センターやフィットネスクラブにて個別トレーニングを実施する。現在パーソナルトレーニングジムWAKEにてトレーニング指導をし、スロージョギング(R)を福山市内外で展開している。

エクササイズのバリエーションは100種類以上

坂本さん「ラバーバンドは、多方向に負荷を掛けることができるというメリットがあります。例えばダンベルだと、重力に抗う方向(上方向)のエクササイズが主になります。それがラバーバンの場合、片方を固定して、もう片方を引っ張れば、ゴムの張力が負荷となって重力の恩恵を受けつつ、様々な筋肉を鍛えることができます。そのバリエーションは実に100種類以上です。

また、安価なのでゴムの強度を数種類揃えておけば脚、腕など、体の部位によって強度を変えることもできます。持ち運びやすいので『いつでも・どこでも』できるというのもポイントです」

ダイエット効果を狙うなら大筋群のエクササイズ

坂本さん「若い時に比べて体力が落ち気味な40代だと、いきなりバーベルや、重いダンベルを持つというのは案外大変なことです。その点、ラバーバンドは強度も中強度あたりに負荷を設定しやすいので安全に始めることができます。

使い方によっては、ダイエット効果も期待できます。大筋群を使うエクササイズを行うと、運動強度は3~5メッツくらいです。つまり、簡単なストレッチや早歩き、ゴルフと同じくらいの運動量ということです。これを30~40分くらい行いつつ、食事などに気をつければ減量も可能です」

40代がラバーバンドを使うメリット

坂本さん「ラバーバンドは、よく高齢者の方の転倒予防のための運動にも使われます。転倒は40代には関係ないと思いがちかもしれませんが、既に40代から片足でソックスを履けない人もいるくらいです。バランス能力の改善に、40代からラバーバンドで下半身のトレーニングに取り組む意義は十分にあります。

しかし、ゴムなので鉄に比べて消耗率が圧倒的に高いです。そして慣れないうちは、ゴムの動作コントロールが多少難しいかもしれません」

最後にアドバイザーからひと言

「体幹に負荷をかけるエクササイズを行えば腰痛予防に、肩のエクササイズを行えば、肩こりの予防もできますよ!」

Text by Miku Nakamura(Seidansha)