専門家が教える「本当にモテる筋肉」とは?
- ダイエットを成功させるなら、コレを知っておこう! -

【一流トレーナー直伝】女性にモテる筋肉と体型になる方法

カリフォルニア大学の研究チームの調査によると、オスの孔雀の尾羽がメスを惹きつけるように、ヒトの男性の筋肉にも、女性が本能的に惹かれてしまう働きがあるという。いろいろなアンケート結果を総合すると、女性が魅力を感じる筋肉の部位は「割れた腹筋」や「厚い大胸筋」、そして「逞しさを感じる腕まわり」とのこと。そこで実際にどんな筋肉が「女性にモテる」のかをベテランのフィジカルトレーナーに直撃。さらに40代男性がいまから鍛えてモテるようになる筋肉の部位と、その効果的なトレーニング方法を聞いてみた。

■今回のアドバイザー
六本木ボディプラントラボ所長
足立光さん

フィジカルトレーナーとして、プロ競技者から格闘家、モデル、芸能人などを指導してきたダイエット、ボディメイクの達人。最近ではタレントのLiLicoさんを3か月で肉体改造させ、コンテストに入賞させた。自身も、50代を超えて脅威の肉体を維持している。

「モテるため」に鍛え始めるのは男の本能

足立さん「いろんな世代の方のトレーニングをお手伝いしてきましたが、正直に言って“モテるためにカラダを鍛えたい”というのは多くの男性に共通しているモチベーションの一つだと思いますね。

今回のカリフォルニア大学の研究結果というのも、確かにその通りで、男性の鍛えられた肉体というのは間違いなく女性を惹きつける効果があると思います。ただし僕たち現代人はハダカで生活しているわけではないので、『厚い大胸筋』や『割れた腹筋』を披露する機会ってほとんどないんですよ。夏の海やプールにでもいけば別ですが、大変な努力をして割れた腹筋に仕上げても女性にアピールできるチャンスは少ないんです。よく、真冬なのにタンクトップ姿で歩いているマッチョな男性がいるじゃないですか。鍛えた肉体をアピールしたいっていう気持ちはわかるんですけど、あれは一般的な女性からしてみるとトゥーマッチというか、魅力的に映ってはないような気がします。現代人は服を着た状態でスタイリッシュなマッチョがモテる条件でしょう」

「男性が求める男性像」はやりすぎ?

足立さん「よく、女性が考える理想体型って、男性からみると痩せ過ぎだったり、バランスが悪く感じたりするじゃないですか。男性も一緒で、ジムで鍛えている男性が憧れる肉体像って、一般的な女性からみるとやっぱり筋肉がつきすぎてちょっと怖く感じるんですよね。

僕の個人的な見解ですと、女性が興味を持つ筋肉は、まずは腹筋と腕。とはいえ、割れている必要はなくて、だらしなくお腹が出てない程度に締まっていれば充分だと思います。あと大胸筋と肩の僧帽筋は鍛えていると『触っていい?』と言われることが多いです。ただ肩や胸筋を鍛えすぎると、まず服のサイズが合わなくなりますね。肩に合わせると袖が短くなったり、胸のボタンが締まらなくなったりするので、既成の服をオシャレに着こなすことが難しくなってしまうんです」

日常的にアピールできるのは「腕」

足立さん「総合的に考えると、腕まわりの筋肉なら日常的に出していても自然ですし、女性も意識して見てくれるので“女性にモテる筋肉”と言えると思います。手首から肘にかけての前腕にうっすら筋繊維と血管が浮き上がってるのも女性目線的に評価が良いのですが、腕を曲げて力コブが出来る上腕二頭筋や、その裏側にある上腕三頭筋を鍛えるのがオススメですね。普通に腕を伸ばしていても筋肉が浮き出る部位ですし、筋量も多いので太い腕にすることができます。日常生活だとなかなか鍛えにくい部分なので、40代男性でもトレーニングすれば効果が出やすいのもポイントですね。

手を肩幅に開いて行う一般的な腕立て伏せは大胸筋や上腕三頭筋を鍛えることができますが、このときの手を中央に寄せて肘を閉じて行う『クローズドプッシュアップ』を行うと上腕三頭筋を優先的に鍛えることができます。仰向けの状態で腕立て伏せを行う『リバースプッシュアップ』も効果的ですね。これは体重をかけても大丈夫な机や椅子などを利用しても行えるので、仕事の合間にトレーニングしてみてはいかがでしょうか?」

最後にアドバイザーからひと言

「モテるために鍛える」という動機は、不純ではないですよ!

Text by Gen Ohtani(Seidansha)