生理的にムリからの年下美女がOKする40男のテク
- 【モテ技】女性がされたい40男のアプローチ法 -

生理的にムリからの年下美女がOKする40男のテク

数々の困難を乗り越えてきた猛者でも、立ち直れないほど傷つく言葉がある。それは、女性から放たれる「生理的にムリ」というこの一言。もはや、存在を全否定されているのと同義語だ。大抵の男性は、ここで諦めるだろう。しかし、若くて美しい彼女を手にする40代男性は違う。彼らは、ひれ伏すのだ。めげずに、最後まで尽くし続けることで褒美を得られる。それを証明したストーリーをご紹介しよう。

■今回のアドバイザー
Rさん 29歳 サービス業

淡々とした口調でロジカルに話す知的美人のRさん。サバサバした性格だが、時折見せる世間擦れしていない乙女な内面にキュンとさせられてしまう。ギャップを武器に数々の男性を虜にしている。

顔が生理的にムリ! と伝えて彼にキレられた

Rさん「今まで付き合った男性は、全員同い年だったんです。彼だけですね、年上は。しかも17個も上の47歳! そして、元彼はみんな顔が好みで付き合っていたんですね。今の彼はぜんぜん、タイプじゃない。どっちかっていうと嫌いかも…。彼にも『俺に嫌なところがあったらなんでも言って』と言われて『顔が生理的にムリ』って伝えてキレられたことも(笑)。私としては、付き合っていることが奇跡です」

最初はただの“便利で役に立つおじさん”

Rさん「今の彼と知り合ったのは2年前。彼のことは、”便利で役に立つおじさん”としか思っていませんでした。おいしいお店を知っているし、仕事の相談もできたし。器用なので色々なものを直してくれて、車持ってるから移動が楽そうだな、とか(笑)。私は車が好きなので、よく2人で平日の夜中や休日にドライブをしていました。だから、恋愛対象ではなく頼れる親戚のおじさんみたいな感じかな」

40男が年下男の告白に割って入りぶち壊す

Rさん「当時、私は同世代の男性から告白されていたんです。そのことを彼に相談したら『俺の方がいいと思うよ』って言いだして、本当に驚きましたね。『私は目の前の問題を解決したいのに、告白に割って入るってどういうこと!?』。強引すぎて返事もなにもないですよね。付き合う気もないし。『返事は今じゃなくていいや。とりあえず知ってから考えよう』って先延ばしにしてました。

自分でもなぜ断らなかったのか不思議なんです。ただ、彼は本当にコミュニケーション能力が高くて、距離の詰め方が上手かった。同世代の男の子にはできないスキルを持っていました。会話は基本的に、口説き口調なんです。『10回デートしたら付き合おう』とか『会うんだったら好きでしょう』とか、会うたびに言われると、だんだん断るのが億劫になっていって…(笑)」

思いが強すぎて、気持ち悪いとも思った

Rさん「一所懸命、私のことを口説く彼を見て”この人、すごい私のこと好きなんだな。そこまで言うなら…って気持ちにさせられたんです。もちろん、一方では“気持ち悪いな”とも思ってたんですよ(笑)。でも、伊豆に一泊旅行へ誘われた時OKしちゃったんです。返事してなかったし、仕事絡みで便利に使いすぎてたな、という引け目もあって。ただ、そのときは一泊だしもう覚悟してました。彼の粘り勝ちですかね」

最後にアドバイザーからひと言

「女子から生理的にムリと言われても40代は人間力で挽回できる!」

Text by Unyo Mura

Illustration by Ayako Sakamoto