美しさゆえに名車、「ジャガーEタイプ」という古典
- 大人のための最新自動車事情 -

美しさゆえに名車、「ジャガーEタイプ」という古典

他を圧倒するパフォーマンスや輝かしいレース戦績など、名車とされるクルマには、そう呼ばれるだけの理由がある。しかし、「美しい」という理由によって名車とされるクルマはあまりない。「ジャガーEタイプ」は、そんな数少ない“美しき名車”のひとつだ。レーシングマシンゆずりのメカニズムを持ちながらも、Eタイプはエレガントなスタイリングによって現在も世界的に高く評価されている。

レーシングマシンが生み出したスタイリング

Eタイプは、1961年から1975年まで生産されていた英国ジャガーのスポーツモデルだ。「ロングノーズ・ショートデッキ」というFRスポーツらしいプロポーションと、スポーツカーらしからぬ狭いトレッドが独特の世界観を生み出しているが、このようなスタイリングとなった理由は、Eタイプの出自にある。
Eタイプは、それまで生産されていたXKシリーズに代わって登場したモデルだが、この名称はEタイプ以前に存在していたレーシングマシン「Dタイプ」(上の写真)の後継であることを示したものだ。

Eタイプのプロトタイプもル・マン24時間レースに出場しており、こうした背景から、Eタイプはモノコックとチューブラーフレームを用いたシャシーや、リヤにインボードディスクを備えた4輪ディスクブレーキなど、コンペティティブなメカニズムを持つこととなった。Eタイプの美しいスタイリングは、レーシングマシン直系のメカニズムが生み出したものだったのである。

Eタイプは1961年のジュネーブモーターショーで発表されると、瞬く間に世界中から注目された。それはスタイリングの美しさの加え、レーシングマシン直系のメカニズムとパフォーマンス、そしてライバルたちよりも安価だったということも大きい。特にEタイプはアメリカで高い人気を博し、以後のアップデートに大きな影響を与えるようになった。

「シリーズ1」と呼ばれる初期モデルは、3.8リッター直6DOHCエンジンを搭載。当初はクーペとオープンモデルのロードスターという2つのボディタイプが用意され、のちに排気量アップ(4.2リッター)やATの登場、ホイールベースを延長した4人乗りの「2+2」が設定された。

アメリカ市場の要請によって変化した外観

Eタイプの最終形態となる「シリーズ3」が登場したのは、1971年のことだ。それまでの直6エンジンに代わり、5.3リッターのV12エンジンが搭載され、Eタイプは大きく性格を変えた。同時に、それまでEタイプのデザインを特徴づけていた狭いトレッドが拡大され、フェンダーが張り出すデザインとなった。フロント周りのデザインも再び変更されている。
Eタイプの変化は、主にアメリカ市場の要請によるところが大きかった。たしかに、シリーズ3はどことなくアメ車のような雰囲気を漂わせている。当時は、全生産台数の約60%がアメリカに輸出されたという。Eタイプといえば、シリーズ1を思うかべる人が多く、「シリーズ1のシンプルなデザインこそEタイプだ」とする声もあるが、これもまたEタイプなのである。シリーズ3は1973年に2+2、1975年にロードスターが生産終了となり、その歴史に幕を下ろす。

ところが、約40年後の2014年、Eタイプの復刻生産が発表された。「ライトウェイト・Eタイプ」と呼ばれるそのモデルは、1963年に18台が生産される予定だったが、実際には12台しか生産されず、残りの6台が当時と同じ仕様で復刻生産されることになったのである。当時のボディをスキャンし、忠実に再現されたボディは見ての通りの仕上がりだ。現代のマテリアルやテクノロジーを用いず、限りなく当時に近い仕様で作られたという。
「エレガント」と「スポーティ」は、一見すると相反する言葉にも思える。しかし、エレガントなスタイリングとスポーティな走りを併せ持つクルマがあるとしたら、クルマ好きにとっては非常に魅力的な存在だ。そのクルマこそ、まさにジャガーEタイプだったのである。「世界一美しい」といわれるスタイリングを持つEタイプの魅力は、今も色褪せておらず、このプロポーションは“古典的FRスポーツのスタンダード”として、多くのスポーツカーに影響を与え続けている。

Text by Muneyoshi Kitani