デレク・ジーターを射止めた世界最高のセクシー美女
- 男を魅了するセクシーな女たち -

デレク・ジーターを射止めた世界最高のセクシー美女

ニューヨーク・ヤンキースの元キャプテンで、MLBを代表するスーパースターだったデレク・ジーターがついに婚約したと話題になっている。お相手は、2015年3月の来日にも同伴したハンナ・デービス。2015年の『スポーツ・イラストレイテッド』の水着特集号でカバーガールをつとめるなど、引き締まったボディで人気のセクシーモデルである。スーパースターを射止めた旬の美女を紹介しよう。

「ほとんど見えてる」水着姿に全米が騒然

アメリカのモデル界で、もっともステータスの高い「表紙」といえば『スポーツ・イラストレイテッド』が年に1回発行する「Swimsuit Issue」、いわゆる水着特集号である。1954年に創刊された『スポーツ・イラストレイテッド』は、あらゆるスポーツを扱う全米随一のポピュラーな週刊誌。1964年より「Swimsuit Issue」が刊行されており、近年では最新の水着を旬のモデルがセクシーに着こなすグラビアが注目を集め、この号だけ発行部数が飛躍的にアップすることでも知られている。

この「Swimsuit Issue」の2015年版の表紙を飾ったのが、ハンナ・デービスだ。涼しげな目元だが、艶のある挑発的な表情で、ただでさえ面積の小さなビキニをギリギリまで降ろしかけたポーズは「ほとんど見えてる」と物議を醸したほど。中面でも、自然のなかで健康的な肢体を惜しげもなく披露し、その文句なしの美しさとセクシーなインパクトで話題騒然となった。

「ほとんど見えてる」水着姿に全米が騒然
(C) WENN/amanaimages

ハンナは、アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島で生まれ育った25歳。ラルフ・ローレンのキャンペーンモデルとして注目を集めると、トミー・ヒルフィガー、リーバイスなどでも広告塔を務め、さらにはあのヴィクトリアズ・シークレットにも参加している「ヴィクシー」でもある。

2つの“大きな勲章”を手に入れたシンデレラ

ハンナは「Swimsuit Issue」2015年版の表紙を飾る以前から、別のトピックスでも全米の注目を集めていた。2012年、現役選手として最後の花道を飾ろうとしていたニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターとの交際が発覚したのである。

2つの“大きな勲章”を手に入れたシンデレラ
(C) Retna USA/amanaimages

ジーターについては、多くの説明は不要だろう。現役時代はヤンキース一筋で、14回のオールスター選出やワールドシリーズ制覇5回という輝かしい経歴を持ち、将来の殿堂入りも確実視されているMLBきっての大スターだ。2009年9月にルー・ゲーリックの持つ球団最多安打記録を更新した際には、世界中が熱狂し、その偉業を讃えた。

フィールド内では、高潔な人格者として知られ、かつてチームメイトだった松井秀喜も深く尊敬するほどのヒーロー。しかし、球場を一歩外に出ると、極上の美女たちと次々と交際遍歴を重ねていくプレイボーイとしても有名だった。マライア・キャリーを筆頭に、2000年ミス・ユニバース優勝者のララ・ダッタ、歌手のジョイ・エンリケス、タレントのヴァネッサ・ミニーロ、ファッションモデルのタイラ・バンクスなど、各ジャンルのトップクラスの美女たちと浮き名を流した。ハリウッド女優もお好きなようで、ジョーダナ・ブリュースター、スカーレット・ヨハンソン、ガブリエル・ユニオン、ジェシカ・アルバ、ジェシカ・ビールと、大物美人女優との交際が報じられている。2009年には人気女優のミンカ・ケリーと結婚間近といわれながら破局。マスコミはデレク・ジーターの歴代彼女でベスト9を発表するなど、その女性遍歴を揶揄したこともある。

ハンナは、そんなジーターが辿り着いた最後の「ホームベース」だった。2014年、ヤンキースタジアムで行われたジーターの現役最後のホームゲームにも彼女は姿を見せ、引退後の2015年3月にはジーターと同伴で来日を果たし、仲睦まじく大相撲を観覧している姿がテレビ中継された。そして、ついに2015年10月には婚約を発表。年の差16歳というカップルだが、ハンナの屈託のないキャラクターも好印象で、現在のところは祝福を持って世間に受け入れられている。ハンナはたった1年で、モデルとしてのトップステイタスと婚約という、大きな勲章を2つも手にしたシンデレラ・ガールとなったのだ。

女として、いま最高潮の輝きを放っているハンナ・デービス。彼女の魅惑的な笑顔が、モデル界やスポーツ界を超えて広がっていくことは間違いないだろう。

Text by Kiyoshiro Somari

Photo by (C) Sipa Press/amanaimages