40男の腹はバレエの動きで引き締まる!?
- 簡単に引き締め!ぽっこりお腹のダイエット法 -

40男の腹はバレエの動きで引き締まる!?

ポッコリお腹を改善しようと頑張って筋トレはしているものの、中々引き締まらないという40男は多いだろう。そんな人にオススメなのが、バレエの基礎レッスンで行われる「バーオソル」。ゆっくりとした動きながら効率的にインナーマッスルが鍛えられて、痩せやすい体質になるという。バーオソルダイエットの効果について、バレエダンサーの竹田純さんに聞いてみた。

■今回のアドバイザー
バレエダンサー、講師
竹田純さん

17歳でバレエを始め、翌年4月に東京バレエ団に所属。2003年渡仏、クラシックバレエ、コンテンポラリーダンスを学ぶ。2006年からフランスのリモージュ歌劇場を初めとする様々なバレエ団に所属するかたわら、欧州ではパリコレクションをはじめモデルとしても活躍。2009年に帰国した後は、日本とパリを拠点にバレエダンサー・講師・表現者として活動。近書に『1日10分でやせられるバーオソル•ダイエット〜バレエダンサーのしなやかな身体の秘密〜』がある。

バレエの基礎トレで効果的に脂肪を燃やす

竹田さん「バーオソルはフランスではポピュラーなバレエの基礎レッスンのひとつ。バーを使わずに、床の上で座った状態でバレエの動きを行うため『フロアバレエ』とも呼ばれています。バレエの動きというとハードルが高いように思われがちですが、自分の体重を利用してゆっくりと負荷をかけていくので、初心者の40代男性でも無理なく続けられるでしょう。バーオソルは普通の筋トレでは鍛えにくいインナーマッスルを効果的に刺激できるので、下半身やお腹周りの肉を効率的に落とすことができます」

ゆっくりとした動きで下半身を引き締め!

竹田さん「バーオソルの基本メソッドは誰でも挑戦できる動きで、自宅でも実践できます。ここでは、その中でも下半身のインナーマッスルを刺激し、引き締め効果が期待できるエクササイズ『パラレル』を紹介します。

まずは、膝とつま先が床と平行になるように、つま先を正面に向けた状態で長座します。その時、お尻と太腿に力を入れることがポイント。また、両手は腰の後ろの位置で指だけ床につけて軽く体重をかけましょう。
写真:市川勝弘(大和書房刊『フレンチバレエメソッド』より)
次に、両足のつま先・かかと・膝は閉じた状態で、つま先を正面に向けたまま、ゆっくり膝を曲げます。その動きを2回繰り返したら、次は足首の運動。まっすぐ伸ばしていたつま先が真上に向くように足首を曲げます。
写真:市川勝弘(大和書房刊『フレンチバレエメソッド』より)
90度を目安に足首を曲げたら、再度足首を伸ばしてつま先を正面に向けましょう。
写真:市川勝弘(大和書房刊『フレンチバレエメソッド』より)
同じくこちらも2回繰り返します」

最後にアドバイザーからひとこと

「バーオソルは週3回ほど行うとより効果的です。特に、朝バーオソルをすると、体が動きやすくなるので1日快活に過ごすことができます。40代は男性として魅力が増す時期! 同時に体の魅力も磨いて欲しいと思います」 

Text by Mai Matsubara (Seidansha)

Photo by Masahiro Ichikawa (大和書房『フレンチバレエメソッド』より)