南アフリカの大自然をポルシェで駆け巡る冒険ツアー
- 大人のための最新自動車事情 -

南アフリカの大自然をポルシェで駆け巡る冒険ツアー

南アフリカのケープタウンから伸びる「ガーデンルート」。そこは、インド洋の海岸線、渓谷、そしてサファリを走り抜ける、アフリカ随一の美しいドライブコースだ。そのルートを走りながら、点在するワイナリーに立ち寄り、夜は上質なサービスのホテルに泊まる…そんな優雅な旅を「ポルシェトラベルクラブ」が提供している。大人だけに許された上質な旅の扉は開いているのだ。

サファリ体験ができる南アフリカのドライブ

旅の始まりは、ケープタウン。南アフリカ第二の都市であり、アフリカを代表する近代都市である。欧州と東洋を結ぶ重要な航路沿いにあったことから、1652年にオランダの東インド会社のヤン・ファン・リーベックが入植し、発展した街だ。ここから出発し、原生林や湖、渓谷などの大自然をクルマの窓越しに見ながら、インド洋沿いに伸びる「ガーデンルート」を進む。
途中に点在するワイナリーに寄り、最近注目が集まる南アフリカワインを堪能することができるのもツアーの魅力のひとつだ。西ケープ地方は、ヤン・ファン・リーベックがブドウの苗木を植えてから350年の歴史をもつワインの産地である。地中海性気候であり、はっきりとした四季があることもワインの生産に適しているのだ。
旅のハイライトとなるのが、サンボナ・ワイルドライフ・リザーブという私営の動物保護区でのサファリ体験だ。この地区の中にあるプライベートロッジに宿泊し、アフリカの原風景を探訪する。キリンやゾウ、シマウマなどの野生動物を間近に見ることができる貴重な機会で、もしかしたら、ライオンにも遭遇できるかもしれない。

20年の実績を持つポルシェトラベルクラブ

この南アフリカの旅に必要な日数は、約12日。9泊10日のドライブツアーに、飛行機の移動時間を含めたものである。その日程だけ確保すれば、南アフリカの大自然を駆けめぐるアドベンチャーツアーに参加することが可能になる。宿や食事は、すべてインクルード。安心して、ドライブの旅に出かけることができる。

ドライブツアーのパートナーとなるのは、ポルシェ・カイエン(メイン写真と下の写真)。オフロードの走破性とスポーティーな走行性能、ラグジュアリーなルックスを併せ持つ、ポルシェのクロスオーバーSUVである。ポルシェ・カイエンなら、ガーデンルートのワインディングロードを優雅に走り、荒れた路面の南アフリカの荒野も力強く駆け抜けることができるだろう。
自動車メーカー各社は昨今、ユーザー向けの体験型マーケティングとして、独自の海外ドライブを企画することが増えている。なかでも、ポルシェトラベルクラブは20年の歴史を持つ老舗。南アフリカ以外にも、ポルシェの生まれ故郷の南ドイツや北欧、さらには南仏など、魅力的なデスティネーションのツアーが用意されている。その数、なんと年間30以上に及ぶという。

もちろん、走るコースによってクルマも変わる。行き先だけでなく、ポルシェの各モデルから乗りたいクルマを選んで旅先を変えることもできる。英語のサイトゆえ、航空券は自力で手配しなければならないが、集合場所に到着すれば、その瞬間から魅惑の海外ドライブが始まる。さっそくカレンダーを開き、海外ドライブ旅の日程を書き込んだほうが良さそうだ。

Text by Taisuke Seki(euphoria FACTORY)

Photo by (C)Dr.Ing.h.c.F.Porsche AG(Porsche Cayenne)