ドイツ車と真っ向勝負するジャガー「XF」の新モデル
- スーパーカーブランド【ジャガー】 -

ドイツ車と真っ向勝負するジャガー「XF」の新モデル

2007年にデビューした、ジャガーのダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」。ジャガーブランドで最多となる145ものアワードを受賞するなど、クオリティには定評を得てきたモデルだ。このXFがフルモデルチェンジした。デザインやダイナミックな走りなどは従来型からの伝統を受け継ぎつつ、新たな生命を宿した同モデル。ボディやインテリア、エクステリアに至るまで、進化のポイントを紹介していきたい。

アルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造

新型「XF」には、6月にひと足早く新型が投入されたスポーツ・サルーン「XE」と同じくボディの75%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造が採用された。前モデルと比較して最大190kgの軽量化が図られるとともに、ねじり剛性も最大28%向上。重量配分も前後50:50とバランスのよい数値を実現しているため、従来よりも走行中の振動が低減されるなど、しなやかな乗り心地がもたらされた。

ボディ全長は、4956mmと前モデルと比べて10mm短縮。車高も1455mmと5mmほど低くなったが、そのぶん、ホイールベースが50mm長い2960mmとなり、後部座席のレッグルームやニールーム、ヘッドルームを拡大。取り回しのよさを確保するとともに、乗員に優しく、広々とした室内空間となるよう改良が加えられた。

またパワートレインには、新たにジャガー・ランドローバー社の手によるINEGENIUM(インジニウム)ディーゼルエンジンを新搭載。2.0リッター直列4気筒ターボチャージドエンジンに、8速ATを採用した2機種がラインナップされたのもポイントだ。3.0リッターV型6気筒スーパーチャージャージドガソリンエンジンを搭載する5機種と合わせて、計7機種と選択肢も広がったのは嬉しい。

四輪の駆動力と制動力を独立して制御するドライバーサポートデバイス、「オール・サーフェス・プログレス・コントロール(ASPC)」がいかな状況でも安定した走りをサポートする。

アグレッシブなフォルムとストレスレスな空間

デザイン面にも変化がもたらされた。ジャガーらしさともいえる曲線美を保ちながらも、エクステリアには、ブランド初となるアダプティブ・フル LEDライトを採用。夜間における視認性が向上した。一見、小柄なクーペのように軽快な雰囲気も漂わせるのは、フロント・オーバーハングを縮めたことに由来する。従来型にもみられる特徴的な前面だけではなく、新たにフロントバンパーへ大胆な開口部を設けたことで、空力性能も向上。アグレッシブなフォルムを手に入れた。
インテリアには、直感的な操作が可能で、ホーム画面をドライバーの好みに合わせて設定できるタッチスクリーンインフォテイメントシステム、「InControl Touch Pro」を採用。デジタルメーターやドライバー専用のナビゲーション・ディスプレイとして利用できる12.3インチTFTインストルメント・クラスターも装備し、ストレスなく身を委ねられる室内を実現させた。
フルモデルチェンジを受けたジャガーXFの価格は、598万円~1105万円。メルセデス・ベンツやBMW、アウディといったドイツのライバルたちと真っ向から勝負する。イギリス出身のXFが、ライバルたちの中でどのような存在感を放っていくのか。2016年初頭となるデリバリースタートが今から楽しみである。

Text by Syuhei Kaneko