最速ホットハッチ、アウディ「RS3 スポーツバック」
- 大人のための最新自動車事情 -

最速ホットハッチ、アウディ「RS3 スポーツバック」

アウディのCセグメントハッチバック、「A3スポーツバック」をベースに、270kW(367ps)を発生する2.5リッター5気筒ターボを搭載する「RS3スポーツバック」が国内デビューを果たした。コンパクトプレミアムクラス最速の本格スポーツモデルを謳うこのモデル、一体どんなクルマなのだろうか? あらためてチェックしてみたい。

0-100km/hの加速はスーパーカー並み

アウディの各モデルにラインナップされる「RS」は、メルセデス・ベンツにおける「AMG」やBMWの「M」のような存在だ。開発には、アウディのモータースポーツ活動をサポートするquattro GmbHが参画してどのモデルもハイパワーなエンジンを搭載。シャシーまわりを強化し、専用の内外装を与えられる。RS3スポーツバックも、レシピは同じだ。RS3は、A3スポーツバックをベースに仕立てられた、ホットハッチである。

搭載されるエンジンは、2.5リッター5気筒ターボ。コンパクトでは超弩級といえる270kW(367ps)の最高出力と、465Nmの最大トルクを発生する。この強大なパワーを伝えるトランスミッションは、デュアルクラッチ式の7速Sトロニック。専用の制御プログラムが施されたquattroフルタイム4輪駆動システムによって、4.3秒というスーパーカー並みの0-100km/h加速を実現している。

シャシーまわりは、トレッドはフロントで25mm、リヤ10mmトレッドを拡大。特別に開発した高強度アルミ製ピポットベアリングが採用されるなど、高められたパワーに合わせてチューニングが施されている。鍛造アルミとなるホイールは、19インチ。大パワーを受け止めるブレーキは8ピストン式だ。オプションで、ダンパーの減衰力をアクティブに制御する「アウディ マグネティックライド」を装着することもできる。

0-100km/hの加速はスーパーカー並み

厳選マテリアルと専用デザインの内外装

独特の凄みと迫力を感じさせてくれるエクステリアは、大きなエアインレットを持つ専用バンパーが表情を作っている。このエアインレットは、単にデザインに迫力を与えているだけでなく、補助ラジエターやトランスミッションのオイルクーラーを冷却するための空気を導く役割も持つ。サイドに目をやれば、拡大されたトレッドに合わせて拡幅されたフェンダーや立体的なデザインのサイドシル、マットアルミ調仕上げのドアミラーが目に入る。リアビューで“RS”を主張するのは、大型リヤスポイラーと大口径のオーバル型テールパイプだ。

ブラックでまとめられたインテリアは、フラットボトムの専用レザーステアリングとロックグレーのステッチが入ったナパレザーのスポーツシートを採用。シートやステアリングホイール、メーターなど、随所に「RS3」のバッヂが装着されるほか、セレクターレバーが特別なデザインとなっている。メーターパネル中央のドライバーインフォメーションシステムには、油温計とラップタイマー機能がされ、タコメーター内にブースト計がつくのもRS3ならではだ。

厳選マテリアルと専用デザインの内外装

アウディは、このRS3の価格を756万円に設定した。A3スポーツバックのベースモデルが303万円であることを考えると驚くほど高価だが、高出力のパワートレインやそれを受け止めるquattro4輪駆動システム、強化されたシャシーといった“RSレシピ”を考慮すれば、けっして高くはない。いや、コンパクトな5人乗りハッチバックの実用性とスーパーカーに匹敵するパフォーマンスが両方手に入るのだから、バーゲンプライスといえるのではないだろうか?

Text by Muneyoshi Kitani