20代美女がドン引きする40男の覚悟のない口説き方
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

20代美女がドン引きする40男の覚悟のない口説き方

20代の美女たちが40代男性を“オトコ”として意識する瞬間は、溢れる自信と包容力を見出したときだ。逆に自信のなさや卑屈さ、せこさを一瞬でも感じると関係を断ち切りたくなったり、卑しいオヤジに見えてしまうという。特に既婚男性がおイタしようとして失敗したときのオヤジたちの情けなさを美女たちが語ってくれた。

■今回のアドバイザー
Tさん 公務員 26歳

見た目は女子大生のように華やかなTさん。しかし、話をしていると年齢以上に落ち着いており懐かしさすら感じる。この”若いのに昭和っぽい“ギャップが、オヤジにはたまらないのだろう。

カラオケで福山雅治を熱唱するオヤジ

Tさん「22歳のときに飲み会で知り合った40歳の既婚男性がいました。すごくオラオラ系の男性で、この日も女性陣を狙っている感じだったんです。それで、私は彼に猛アピールされていました。

彼は明らかに飲み会慣れしていて、カラオケに行ったら自信満々に福山雅治さんの曲を熱唱。しかも、流し目っぽく私たちにアピールもしていました。すごくイケメンというわけではないんですが、背が高くてスタイルがよかったので、”イケメンオーラ”は出ていましたね。でも、ちょいちょい変なんですよ。カラオケでも自信満々に歌い上げてるくせに、曲が終わると『今の大丈夫だった?』とか確認してきて(笑)」

猛アプローチしながらも翌日には…

Tさん「その後、月に1回くらいのペースで半年ほど2人で遊んでいました。会うと『次でTちゃんのこと落とすから』とか色っぽい感じで言うんですよ。口説きモードで熱っぽく言うくせに、翌日になると必ず『俺、昨日ちょっと攻めすぎちゃったかな?(汗)』ってフォローメールが来るので“この人のことは、好きにならないな”と思って会うのをやめました(笑)。

カラオケもそうですけど、自信満々に振る舞いながらも急に自信のない態度取る男性はドン引きしますね」

バカにされた気分になる誘いとは

Tさん「友人の話ですが、独身だと偽って食事に誘ってきた男性がいて。デートから1週間後にLINEの長文で既婚者だったことをカミングアウトしてきたそうなんです。既婚者は恋愛対象に入らないのですが、結婚していることを隠して誘うのはバカにされた気分になりますね。先ほどの男性もそうですが、慌てるくらいなら誘わないでほしいですよね」

最後にアドバイザーからひと言

「覚悟のない既婚者から口説かれるのは迷惑です」

Text by Unyo Mura

Illustration by Ayako Sakamoto