羽田空港でオーガニック卵のバーガーにかぶりつく
- 40男、至高のグルメガイド -

羽田空港でオーガニック卵のバーガーにかぶりつく

羽田空港国内線第二旅客ターミナルB1にある「Mercedes me Tokyo HANEDA」。メルセデス・ベンツの最新モデルが常時展示され、オリジナルのコレクショングッズを扱うショップなども併設されたメルセデス・ベンツの情報発信拠点だ。その一角に、六本木で人気のたまご料理専門店“エッグセレント”とのコラボレーションカフェ「eggcellent BITES(エッグセレント・バイツ)」がオープン。忙しく飛びまわるビジネスマンが、フライトの前後にちょっと立ち寄りたくなるエネルギー補給基地だ。

いざ空の旅…の前にエネルギーチャージ

空港で、フライトまでの微妙に空いた時間。こんなとき気軽に入れて居心地もよく、さらに美味しいメニューを出してくれるカフェがあれば…と思ったことのある人も少なくないだろう。

「フライト前に美味しいものを食べ、居心地のいい場所で過ごして、よし仕事に向かうぞ! と気分をアップさせられる場所にしたかったんです」

そう語るeggcellent のCOO・神宮司希望さんの前職はCA。まさに自分が欲しかった店を形にしたのが、この「eggcellent BITES」なのだ。

店名兼コンセプトでもある「BITES」は、“かじる・かぶりつく/軽食”などの意味を持つ。時間がなくてもエネルギーチャージできる栄養素の高いパワーフードとして、六本木店で人気のモーニングプレートを片手で手軽に食べられるようバーガーの形にした「バイツ」が、この店の看板メニューだ。
「ベーコン、オーガニック卵の目玉焼き、チーズバイツ」(700円)、「カレーソーセージ、オーガニック卵のスクランブルエッグ、チーズバイツ」(790円)などバイツは全部で5種類。好きなバイツにサイドメニュー、ドリンクを組み合わせるバイツセットはプラス500円だ。たっぷりした具材は、毎朝、羽田まで運ばれてくる山梨県黒富士牧場産のオーガニック卵を使うなど、素材のよさにもこだわっている。
羽田空港店限定、「Mercedes me」とのコラボレーションプレート「スタープレート」(1400円)も人気メニューだ。目玉焼き、アボカドトースト、カリーヴルスト、サラダ、ヨーグルトとミニパンケーキ3枚にドリンク付き。オーガニック卵の味わいは濃厚で、カレー風味のソーセージは肉汁たっぷりのジューシーさ。また、オリジナルの千本松牧場のヨーグルトも酸味控えめのこっくりとした味わいと、とにかく一品一品がしっかりと美味しい。

電源&Wi-Fiも完備で仕事使いにも◯

店の中心に据えられた幅広いカウンターテーブルと、ラウンジに面した大きなガラス窓前のカウンターはどちらも電源完備。もちろん店内では無料のエアポートWi-Fiが使えるので、フライト前にひと仕事したい人にもおすすめだ。ソファー席もあるので、ゆったりくつろぎたいときにはそちらを選びたい。

17時からのディナータイムには、ビールやカクテルと揚げ物セットなどの軽いサイドメニューも楽しめる。さらに15時から17時まではハッピーアワーとして、ビールとポテトフライ、オニオンリングのセットが800円。フライト後、疲れた身体に軽くアルコールをチャージして帰るのもアリだ。
「手みやげには「Merecdes me × eggcellent」の羽田空港限定プレミアムロールケーキ(1800円)が人気です」(神宮司さん)

オーガニック卵を使ったふわふわのスポンジで、フランス・ヴェローナ社のクーベルチュールチョコを練り込んだ自家製カスタードクリームと北海道産フレッシュ生クリームをくるんだ絶品ロールケーキは、確かにどんな女性の心も溶かしてしまうはずだ。

Text by Shoko Iwane