駆け抜ける歓びが凝縮、新しいBMW『3シリーズ』
- スーパーカーブランド【BMW】 -

駆け抜ける歓びが凝縮、新しいBMW『3シリーズ』

BMWを代表するモデルをひとつ挙げろと問われたら、いったいどれを選ぶだろう。最先端技術が詰まった『i8』か、それとも、フラッグシップである『7シリーズ』か。選者によって答えは様々だと思うが、もっとも成功したモデルと問えば『3シリーズ』という答えが多いのではないだろうか。1975年に初代モデルが登場して以来、全世界での販売台数は1400万台以上。FR(後輪駆動)方式や約50対50の理想的な前後重量配分など、妥協なきクルマ造りにより、BMW ならではの「駆けぬける歓び」を凝縮した1台である。この『3シリーズ』が新たに進化した。

伝統的かつブラッシュアップされたエクステリア

今回は内外装に大きな変更点はなく、フルモデルチェンジというよりはマイナーチェンジ扱いといったところだろう。とはいえ、新世代デザインを採用したLEDヘッドライトは、BMW伝統の丸型4 灯デザインをベースに上下がカットされたコロナ・リング・スモール・ライトを備え、精悍なフロント・フェイスがより強調されている。また、新デザインのフロント・エプロンは左右に大きく広がるエア・インテークを備えており、パワフルでスタイリッシュな存在感を醸し出す。
リアフォルムはBMW伝統のL字型リヤ・コンビネーション・ライトだが、ここにもLEDを新たに採用。躍動的な強い曲線を描いたLEDライトバーにより、静止した状態においてもダイナミックな印象を与えている。

新たに搭載された新世代モジュラー・エンジン

BMWユーザーやファンならば、これら外観の細かい変更点にも気がつくだろうが、新型『3シリーズ』で注目すべき変更点は新開発のパワートレインにある。ガソリン・エンジン・モデルは、新世代モジュラー・エンジンを新たに搭載した。
日本でのエントリーモデルである「320iセダン/ツーリング」に搭載されるのは、2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンで、最高出力は135kW(184ps)/5000-6500rpm、最大トルクは270Nm(27.5kgm)/1350-4600rpm となっている。

「330iセダン/ツーリング」にも2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジンが搭載されるが、最高出力は185kW(252ps)/5200-6500rpm 、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1450-4800rpmと「320iセダン/ツーリング」のそれを上回る。

「340i セダン/ツーリング」は、BMW全モデルで初めて新世代の3.0リッター直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載。従来モデルの『BMW335i』と比べると、最高出力は15kW(20ps)、最大トルクは50Nm(5.1kgm)向上しており、240kW(326ps)/5500-6500rpm、450Nm(45.9kgm)/1380-5000rpm を発揮。圧倒的な動力性能を実現した。

「320d セダン/ツーリング」はディーゼルモデル。ツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した2.0 リッター直列4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンで、最高出力は135kW(184ps)/4000rpm を発揮。最大トルクは380Nm(38.7kgm) /1750-2750rpm とディーゼル・エンジンならではの力強い走りを可能にしている。

もちろん、FR(後輪駆動)方式や約50対50の理想的な前後重量配分は健在。さらに、サスペンション・システムのダンパー設定とハンドリング特性を刷新し、より一層ダイナミックな走りを実現するとともに、高レベルの走行快適性も両立している。

『3シリーズ』初のPHVが追加される可能性も

新型『3シリーズ』は全モデルに通信モジュールを搭載。新型『3シリーズ』は全モデルに通信モジュールを搭載。エアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際、車両から自動的にSOSコールセンターに接続する「BMW コネクテッドドライブ・スタンダード」を装備した。また、『320SE セダン/ツーリング』を除く全モデルに、カメラで前方の監視を行い衝突回避・被害軽減ブレーキや車線の逸脱をドライバーに警告する「ドライビング・アシスト」を標準装備。ミリ波レーダーセンサーにより前方の車両との車間距離を維持しながら加減速を行い、低速走行時には車両停止まで制御する「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」も『320SE セダン/ツーリング』、『320i セダンMT』を除く全モデルに標準装備されている。
今後、欧州市場でエントリーモデルとしてライナップされている3気筒エンジンの『318i』や、フランクフルトモーターショーで発表された『330e』と呼ばれるPHV(プラグインハイブリッド)の日本市場での追加導入も想定される。定番モデルでありながら、時代にあわせて着実に進化する『3シリーズ』から目が離せない。

Text by Tsukasa Sasabayashi