シンガポールチキンライスの名店が日本初上陸
- オトナだからこそ味わいたい!極上の逸品 -

シンガポールチキンライスの名店が日本初上陸

日本でチキンライスといえば、いわゆるケチャップライスを連想する人が多いだろう。一方、シンガポールでチキンライスといえば、茹でた鶏肉をその茹で汁で炊いたライスと共に好みのソースをかけていただく「海南鶏飯(ハイナンチキンライス)」のこと。シンガポールのソウルフードともいえるこのチキンライスの名店、威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)が、満を持して日本初上陸を果たした。

チキンはスチームとロースト、2種類からチョイス

1989年創業の「威南記」は、シンガポールでは最も有名なチキンライスレストランのひとつ。シンガポール政府が国賓をもてなす際にもこの店のチキンライスが振る舞われるほどで、セレブから庶民まで誰からも愛される人気店だ。その「威南記海南鶏飯」日本一号店は、JR田町駅・芝浦口から徒歩5分の田町グランパークのエントランス前、緑あふれる庭園に面している。ゆるやかにカーブを描く大きな窓から豊かなグリーンの輝きが差し込む店内は、シンガポールのクラシックなコロニアル様式を基調としたデザイン。高い天井にテーブル間の距離も広く、ゆったりとした開放感が大きな魅力だ。
「威南記」のチキンは、柔らかく茹でたスチームタイプと皮がパリパリになるまで揚げたローストタイプの2種類。ランチタイムには、このチキンに香り米、チキンスープがついたセットが1100円(税込)でいただける。ダークソイソース、チリソース、ジンジャーソースの3種類がテーブルに用意されているので、好きなだけ使えるのも嬉しい。
スチームチキンは、しっとりとジューシーだがあっさり味なのでチリソースやジンジャーソースをたっぷりかけて味のバリエーションを楽しもう。一方、ローストタイプはパリパリの皮と柔らかな肉とのバランスが絶妙。味も濃いめなので、シンプルにライスといっしょに味わいたい。鶏の出汁がきいた香り米は、そのままでもペロリといけてしまいそうな美味しさだ。

夜は大勢でにぎやかに、昼は二人でリゾート気分

ディナータイムにはスチーム、ローストともに2〜3人でシェアするのにちょうどいい1/4サイズのチキン(スープ付き、税抜き2100円)が提供される。日本でシンガポールチキンライスが食べられる店は他にもあるが、ローストタイプのチキンを出す店はまだ少ないので、スチームとロースト、両方を頼んで食べ比べてみよう。他にも魚の頭を野菜と共に煮込んだスパイシーなフィッシュヘッドカリーやサンバル・カンコン(空心菜のサンバルソース炒め)、アチャ(ピクルス)などのシンガポール料理も楽しめるので、グループで訪れて、いろいろな味をシェアするのがおすすめだ。
女性と2人で訪れるなら、天気のいい休日のランチタイムが狙い目だ。その際にはぜひ窓の外に広がるウッドデッキのテラス席へ。木々の隙間を風が心地よく抜けるテラスにはガゼボも設置され、都会の真ん中とは思えないようなリラックスした空気に包まれている。明るいうちから、思わずタイガービールで乾杯したくなってしまいそうな本場のリゾート感に、彼女の心もほぐれること間違いなし。

Text by Shoko Iwane