人気再燃、90年代“ポルシェ911”か_愛され続ける理由
- 大人のための最新自動車事情 -

人気再燃、90年代“ポルシェ911”が愛され続ける理由

1963年のフランクフルトモーターショーでプロトタイプが登場して以来、半世紀以上の時を経てもなおクルマを愛する者たちの憧れの的であり続けるスポーツカー、それがポルシェ・911ではないだろうか。それまでのポルシェ・356の後継車として開発された911は、リアにこの車両のために開発された空冷の水平対向6気筒SOHCエンジンを搭載して登場。このスタイルは97年9月にフルモデルチェンジされるまで堅持され、いつしか911のアイコンともいえるものに昇華していった。近年、この“空冷ポルシェ”の人気が再燃して価格が高騰、クルマ好きの間で注目を集めている。

普段乗りにも使えるスーパーモデルのポルシェ・911

ありきたりの表現ではあるが、ポルシェは高級スポーツカーである。現行モデルではベーシックなモデルですら1000万円超であり、上を見れば3000万円に迫るモデルまで存在しているのはご存じのことだろう。しかし、その気になれば普段の足としても十分に使用に耐えうる“乗用車”にもなり得るところが、他のスポーツカーとの大きな違いだ。サーキットやワインディングだけではなく、閑静な住宅街やショッピングモールの駐車場でも溶け込むことができる。その気になれば、ポルシェ1台で日常生活をこなすことでさえ十分可能なのだ。

なお、初代911の開発コードは「901」であり、当初の予定ではポルシェ・901の名前で登場する予定であったが、プジョーが真ん中にゼロが入った3桁の数字をすべて商標登録していたために断念したというのは有名な話である。

熱い支持で価格が高騰中の「964型」と「993型」

そんなポルシェのなかでも、近年特に評価を上げてきているのが、1989年に登場した3代目の「964型」(メイン写真と上の写真)と、93年に登場した4代目の「993型」(下の写真)である。冒頭にも紹介したように、5代目の「996型」からは今までのアイコンであった空冷エンジンから水冷エンジンに変更されている。当然、信頼性や性能はアップしているのだが、昔ながらの音やフィーリングを求めるファンから熱い支持を受け、高値安定というよりも高騰が続いているのが現状だ。
たしかに速さでは水冷以降のモデルに分があるかもしれない。しかし、バタバタと特徴的な水冷サウンドや電子制御に頼らないダイレクトな操作感など、空冷ポルシェは速さ以外の魅力が何物にも代えがたく、唯一無二のものなのだ。そんな魅力に取りつかれたオーナーが手放そうとしないことも、価格高騰の理由のひとつかもしれない。

Text by Koichi Kobuna

Photo by (C)Alexandre Prévot(main) (C)Abehn(993)